トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.616.股関節・頭頚部の関節角度と膝伸展筋活動の関係性について 脳卒中リハビリ論文サマリー

Vol.616.股関節・頭頚部の関節角度と膝伸展筋活動の関係性について 脳卒中リハビリ論文サマリー

脳卒中:股関節の位置と膝伸筋の活動の関係

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、下肢、股関節

 

タイトル

●脳卒中患者における股関節の位置と膝伸展筋活動の関係性について

 

●原著はHip joint position modulates volitional knee extensor muscle activity after strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者において股関節戦略の獲得は立位・歩行能力の向上において非常に重要である。今回、股関節戦略について学ぶ上で、その姿勢の重要性について触れる本論文が目に留まり読むに至った。

 

内 容

 

背景

 

●動物やヒトのモデルから得られたエビデンスでは、反射経路を介して下肢の筋活動を調節する上で、股関節の固有感覚受容器と前庭の入力が重要であることを示している。

 

●脳卒中後のこれらの感覚入力の役割を理解することは、機能的活動時の病的な筋活動を理解する上で重要であると考えられる。そこで、脳卒中患者と対照者を対象に、股関節と頭・体幹の位置関係が大腿四頭筋の活動に及ぼす影響を調べた。

 

方法

 

●膝を屈曲60度に保持した状態(biodex使用)で、体幹の向き(頭の傾き)と股関節の角度を0度(仰臥位)、45度(リクライニング座位)、90度(直立座位)に系統的に配置し、大腿四頭筋の最大の等尺性収縮を誘発しました。大腿四頭筋の筋電図での活動を群間および条件間で比較した。

 

結果

 

●脳卒中患者は対照群と比較して股関節をニュートラルにしたときの大腿四頭筋の活動がより大きく正常化した。

 

●頭の向きを垂直にすると仰臥位に比べて大腿四頭筋の活動が大幅に増加することがわかった。また、頭の向きを変えると、大腿四頭筋の活動が変化することがわかった。この現象は相反する効果を生み出すと思われる股関節の角度を同時に変化させても生じた。結果は、頭の垂直方向の向きが、股関節の角度よりも強力な感覚入力となって、大腿四頭筋の活動を調節することを示唆している。

 

●頭や体幹の向きだけでなく、股関節の姿勢から得られる感覚情報(前庭入力)が、膝伸展筋の自発的な活性化を調節していることを示唆している。直立した状態で股関節をニュートラルにすると、大腿四頭筋の活動量が最も大きくなることが予想される。この位置は、歩行時のつま先立ちに最も近い位置であり、歩行の立脚から遊脚への移行時に大腿四頭筋の不適切な活動が見られることを説明できるかもしれない。

 

 

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●脳卒中患者では各関節間で代償的な戦略を用い、姿勢コントロールされる方は多く、各関節の位置関係の観察とそこかからの推論は大切である。 本論文から、下肢伸展活動(特に大腿四頭筋)を得ようとする時に、股関節を中間位に姿勢コントロールしての練習は大切であることが示唆された。位置関係による筋活動の変化を臨床で感じ取りながら介入したい。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中、股関節、感覚】関連論文

 

Vol.582.股関節屈筋の筋疲労が脳卒中患者の歩行に与える影響とは??

 

Vol.452.なぜ体性感覚検査は目を閉じる!?視覚の体性感覚への影響

 

Vol.442.皮膚情報は位置覚に影響を与える!?テープによる皮膚操作が位置感覚に及ぼす影響

 

Vol.543.感覚訓練が脳卒中患者の感覚運動機能を改善するか?

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み