トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.617.島皮質と聴覚機能について~音声知覚における時間情報処理~

Vol.617.島皮質と聴覚機能について~音声知覚における時間情報処理~

島皮質と聴覚機能-音声知覚における時間情報処理-(見出し)

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、脳卒中、聴覚

 

タイトル

●島皮質と聴覚機能について~音声知覚における時間情報処理~

 

●原著はAuditory temporal processing deficits in patients with insular strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者における感覚フィードバック訓練として聴覚フィードバックについて興味を持ち、基礎を学ぶべく本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●島皮質とその隣接領域に脳卒中を発症した患者の中枢性の聴覚機能を評価することを目的としています。

 

方法

 

●本研究では、島皮質とその隣接領域に脳卒中を発症した8名の患者と神経学的に正常な8名の対照者(年齢、性別、利き手、聴力閾値を患者と一致させた)を募集した。

 

●病変部位は3名の患者では隣接する聴覚領域を免れ、5名の患者では他の聴覚構造を含んでいた。

 

●著者らは純音聴力検査とティンパノメトリー検査を行った。二分音符を含む中枢性の聴覚検査バッテリーと持続時間パターン、周波数パターン、騒音下でのギャップテストの3つの時間的テストを行った。また、来院時の症状や急性期の神経心理学的評価データを病院のカルテから情報収集した。

 

結果

 

●中枢性の聴覚障害検査では島皮質関連の患者ではすべてのケースで異常な結果が得られた。

 

●聴覚の時間的分解能検査では病変の反対側に3例、両側に5例の異常が見られた。

 

●島病変は、中枢性の聴覚機能に影響を与える可能性があり時間的分解能と時間的順序付けに影響を与える可能性があります。

 

●中枢性聴覚障害は、急性期における認知機能障害の有無とは関連していなかった。

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●島皮質領域の損傷の患者では、聴覚における時間的順序、つまり連続する単語の区切りなどを十分に情報処理できていないかもしれない。相手に話しかける時に、単語同士の隙間時間なども患者によっては考慮できるとコミュニケーションが捗るかもしれない。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【聴覚・島皮質】関連論文

 

vol.379: 側頭頭頂皮質と垂直知覚 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

Vol.608.聴覚フィードバックが立位保持の安定に与える影響とは?? 脳卒中リハビリ論文サマリー

 

Vol.558.パーキンソン病患者に対する聴覚刺激と視覚刺激の効果は同じ?

 

vol.250:聴覚フィードバックと麻痺側荷重量  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み