療法士教育事業 – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京

療法士教育事業

Education Section

確かな知識と技術で成長を後押し

多くの講習会事業が2-3年で閉鎖するなか、STROKE LABは2015年からずっと信頼され続けて、これまでに多くの卒業生を輩出しています。ただのHow toで終わらない臨床に必要な本質を伝える教育がここにあります。

2022年 現在申し込みしているコース

コース名 残り人数
基礎ハンドリング 下半期 募集中 クリック
臨床コース  下半期 募集中 クリック

 

 

以下の6つのコースより詳細をクリック

 

 

  • 脳科学コース

    脳の構造~画像の見方などの基礎知識を学び、臨床アイデアまで提示していくコースです。

  • 基礎ハンドリングコース

    背臥位などの静的姿勢~上肢や歩行などのダイナミックな運動まで評価を中心に学んでいきます

  • 臨床コース

    書籍「脳卒中の動作分析」を教科書にしながら評価~治療アプローチへの臨床アイデアを深めていきます

  • 脳科学オンライン

    脳の構造~画像の見方などの基礎知識をオンラインに落とし込み、独自の映像技術で教育

  • 基礎ハンドリングオンライン

    背臥位などの静的姿勢~上肢や歩行などをオンラインに落とし込み、独自の映像技術で教育

  • 法人様向けコンサル

    STROKE LABには数多くの医療施設から教育コンサル依頼があります。ご興味のある法人様はこちら

     

 

 

選択と集中の時代に突入

インターネットやSNSで簡単に情報が学べる時代になりました。一昔前は講習会で学ばないと得られない情報を1ー2年目で簡単に得られる時代です。それは喜ばしい反面、情報過多に陥り5年目になっても「いろいろ知っているけど、コアとなる専門性が欠けている状態」いわゆる器用貧乏になります。

 

STROKE LABでは脳卒中など神経疾患に特化したカリキュラムです。神経系療法士に求められる技能、すなわち 画像を読める、基本的なハンドリングができる、臨床への応用力を磨ける情報を集中的に学習できます。

 

また、コース修了者のみが参加できるLINEグループで継続的に無料で情報をアップデートできます。ぜひ、「選択と集中」の時代に求められる療法士スキルを学んでいただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小手先のテクニックを求めてませんか?すぐに役立つものはすぐに役立たなくなります

「即効性」のある「分かりやすい」セラピーや評価方法は、効果も一時的で、技術は伸びません。また、患者さんへの臨床応用ができません。講習会に出たのに翌日の患者さんに活かせなかった経験はありませんか?
地道なハンドリング練習、試行錯誤を「長期的」に続けることが技術を高めます。「少人数」だからこそできる徹底した「長時間」のハンドリングサポートにより、講師に実技をやられる、やる感覚への直接サポートがここにはあります。徹底的に共有、トレーニングする少数精鋭の「塾」、それがSTROKE LAB 教育部です。

 

 

お勤め先で技術指導を受けていますか?脳特化型治療スキルの獲得を図る塾・予備校的位置づけ

近年セラピストが大幅に増えているにも関わらず、医療財源圧迫や熟練者の病院離れ等の影響により、技術教育に投資できる病院はかなり減っている現状です。技術教育に関しては、外部委託もしくは個々のセラピストの給料で学んでもらう「放置状態」が今後ますます加速します。これは学校教育では補えない受験特化型の予備校が併設される状況と類似してます。STROKE LABでは脳疾患系に特化したカリキュラムの基、講義・実技をお伝えして職場では補えない脳特化型治療スキルの獲得を促進します。

 

 

エビデンスに基づいていますか?最新の英論文と経験を組み合わせたテクニックの指導

裏付けされた基本がなければ、課題指向の反復練習に陥りやすいです。STROKE LAB教育部は、「最新のエビデンスを踏まえた英論文の知識」をもとに、「全身の基本動作・機能改善を促すハンドリング」を統合し、講義と実技を提供するセラピスト向けの塾です。 基本を徹底的に学べば課題指向の中身を追求し・説明・考察ができるようになります。

講義は毎月各テーマに沿って実施され、年間に渡って全身の機能をカバーできるようなプログラムとなっています。

 

 

 専門スキルを狭めていませんか?

「作業療法士は手の専門家だから…」「理学療法士は歩行の専門家だから…」など、専門性に引っ張られる限定されたスキルはもう古いです。特に20代セラピストは1つの専門性だけで療法士人生を終えるという古い構図で逃げ切ることはもう難しいと思います。現代はより高度なスキルを持ったセラピストが世間から求められています。人間のトータルな動作を評価でき、生活に繋げて、専門性を発揮する、これからはそのようなあらゆる状況に対応できるセラピストが求められる時代です。

基本を徹底的に学べば課題指向の中身を追求し・説明・考察ができるようになります。OTが歩行に、PTが手に介入できるべきです。

 

 

少人数メリット

 

 

stroke-lab

 

STROKE LABではセラピスト向け講習会で最も多い「講義系」だけではなく、臨床につなげられるよう「実技」✕「実際の患者さん治療」の内容をご提示しています。加えて「長期間」「高頻度」「同施設」「顔見知りの仲間」など、スキルアップに必要な環境要因を考慮した塾です。また、実際の患者さん治療までコースに含まれており、健常者のみに治療効果を示す「パフォーマンス講習会」とは異なります。

 

学習モデル

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS