代表挨拶 – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. 会社案内
  3. 代表挨拶
すべてを
臨床に尽くす
代表取締役 金子唯史 TADAFUMI KANEKO

経歴

1981
長崎市生まれ
2003
国家資格取得後、高知県の近森リハビリテーション病院 入職
2005
順天堂大学医学部附属順天堂医院 入職
2012~
イギリス(マンチェスター2回,ウェールズ1回)にてボバース上級講習会修了
2015
約10年間勤務した順天堂医院を退職し、ニューロリハビリ研究所「STROKE LAB」設立
2022~
株式会社STROKE LAB代表取締役に就任

MESSAGE

はじめまして。代表の金子唯史です。 STROKE LABでは、脳神経系疾患を中心に多様な症状に悩む患者様を一人でも多くサポートするため、大学病院経験や海外研修を経て獲得した知識・技術をもとに、最新の世界の研究実績を取り入れながら、オーダーメイドのセラピー・リハビリを提供しています。また、セラピストへの技術指導も実施してリハビリ業界の技術発展へ寄与し、患者様へのリハビリに還元されるよう尽くしています。
私は日本でも最先端の高度医療を提供する順天堂大学医学部附属順天堂医院で、脳神経疾患を中心に、整形外科疾患、内科疾患、スポーツ外傷などを呈した患者様に10年以上関わり、機能回復への一端を担ってきました。

しかし、セラピー継続を望む患者様の声に対して、現在の保険制度では退院後の担当患者様への継続は難しく、ニーズに答える事ができませんでした。更に、医療財源への圧迫に伴い病院外来や継続期間は年々縮小し、専門的知識や技術を提供できる施設が激減する時代となりました。そのため脳卒中やパーキンソン病などの患者様のセラピーの行き場がない状況、いわゆる「リハビリ難民」が増えていく現状に「自分がどうにかしなければ」という使命感が年々溢れてきました。

結果、期間や診断に左右される保険診療ではない自費リハビリ・保険外リハビリ施設を開設すれば、発症直後から長期の方まで、様々なニーズに答えられるのではないかという考えに至り東京都内の文京区に「STROKE LAB」を設立しました。

起業して7年、おかげさまでスタッフも施設規模も拡大となり株式会社へと移行しました。

療法士向けの塾も卒業生が500名
今後も神経系疾患に悩まれる当事者の方の社会課題を解決できるよう、誠心誠意尽力してまいります。

翻訳・執筆・監修書籍

  • 近代ボバース概念 – 理論と実践ガイアブックス(2011)

    本著は私の初の翻訳書籍です。本著の翻訳を通じ、ヒトが動くためには筋肉や骨だけを診るのではなく、脳神経システムも踏まえなければ十分な回復を促せないことを再認識しました。ヒトは骨と筋肉だけでなく、脳や神経まで配慮したセラピーを実施しなければ、すぐに元に戻ったり、飛躍的な改善は見込めません。

  • エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション (原著:STRONGER AFTER STROKE 第2版)ガイアブックス(2014)

    本著は初の単独での翻訳書籍です。原著を読み「脳卒中後においてプラトー(機能回復が停滞する状態)はない」「運動麻痺の回復は当事者が努力しなければならない」など、印象深い記述に感銘を受け翻訳の運びとなりました。

  • エビデンスに基づく高齢者の作業療法ガイアブックス(2014)

    本著は初の監修書籍です。本著の特徴として最新のエビデンスに基づく論文を多用しながら老化現象への理解、作業療法の役割を論説している点です。原著を読み、是非日本の作業療法士にも紹介できたらという願いから、ガイアブックス社で出版できる運びとなりました。エビデンスは今後のリハビリ分野において常に考えるべき課題といえます。

  • 新 近代ボバース概念 – 発展する理論と臨床推論ガイアブックス(2017)

    本著は「近代ボバース概念」をさらに発展させた内容となっています。最新の脳科学的治験から臨床介入まで幅広い内容が網羅されています。現代のリハビリは科学的見解をどのように臨床に落とし込んでいくかが求められています。本著は、治療アイデアを飛躍させてくれる内容となっています。

  • 脳卒中の動作分析医学書院(2018)

    本著は、基本動作を中心に動作分析のコツ、解剖・運動学的分析や神経学的分析を用いてどのように解釈していくかを検討していく内容となっています。 動作分析からの臨床推論は療法士にとって重要なスキルです。上肢~歩行まで全身から問題点の把握・介入を展開する流れはSTROKE LABのセラピースタイルそのものです。

 

専門誌・ジャーナル執筆

  • 疾患別作業療法の実際―骨・軟部腫瘍・脊髄腫瘍 / 作業療法ジャーナル三輪書店(45巻8号, 2011)

    順天堂医院時代は神経系疾患だけでなく癌のリハビリテーションにも数多く関わりました。これを通じてリスク管理・全身把握など医療としての基本知識を学び、神経系で内科疾患を患った利用者の評価において役立っています。また、機能回復以外での環境側面やご利用者様にとっての大切な目標をどう進めていくか?を考える経験となりました。

  • 自費領域の可能性と未来デザイン / 臨床作業療法青海社(2019)

    作業療法士のキャリアデザインについて書かせていただきました。OTキャリアにおいて自費リハビリ起業はかなり希少なため、回復期、大学病院経験のなかでどのように起業までの経過を辿ったか?の道筋を記載しました。療法士が社会に役立つ技術を極めることで、働き方の可能性が拡がるきっかけになればと思います。

  • 脳卒中に対する自費(保険外)リハの役割と実際 / 作業療法ジャーナル増刊号『脳卒中の作業療法』三輪書店(55巻8号, 2021)

    自費リハビリ施設において脳卒中の方にどのように対応し、効果が得られているか?を動画解説も含め担当させていただきました。自費リハビリはまだ新しい分野のため、情報発信が不足しています。少しでもジャーナルで当施設の介入や理念を知って頂ければと思います。

  • 看護師が知っておきたい脳卒中高齢者のリハビリテーションの知識 / 臨床老年看護日総研(2021)

    看護師向けに脳卒中へのリハビリテーションポイントを書かせていただきました。リハビリテーションはチームで成り立つものです。多くの医療職の方に役立つ知識や介入ポイントをまとめることで、少しでも機能回復や自己実現につながる利用者様が増えれば幸いです。

  • 2012,2013,2014年と3年に渡り、イギリスへ研修生として参加してきました。イギリスでは膨大な研究論文からのエビデンスをもとに、裏付けされた治療技術、最先端のセラピーを学ぶことができ、セラピストとして大きく飛躍できました。同時に、この仕事の面白さ、一生を賭けたセラピー治療への探究心が膨れ上がりました。

  • 2007
    金子唯史:日本全国作業療法学会 口述発表「活動性の低下した正常圧水頭症患者のベッドサイド治療経験」
    2011
    金子唯史:日本全国作業療法学会 「急性期における24時間マネージメントの実践」
    2012
    金子唯史:日本全国作業療法学会「ボバース概念に基づく24時間マネージメントの実践-急性期脳卒中患者におけるCOPM,GASの活用-
  • 2014
    Tadafumi Kaneko: The use and purpose of goal attainment scaling(GAS):Focused on body function and structure level with the Canadian Occupational Performance Measure(COPM)in adult hemiplegic patients,World Federation of Occupational Therapists Congress 201

    2014年は国際学会での発表経験もでき、海外の方ともディスカッションできる良い機会となりました。
    良い臨床も発表しなければ、だれにも届きません。今後も多くのメディアを活用してSTROKE LABの臨床を発信していきます。

学会講演

  • 公益社団法人 平成28年 北海道作業療法士会 身体領域部門 脳血管障害の作業療法 講演
  • 第15回東海北陸作業療法学会 身体障害領域の作業療法 講演
Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS