トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 【2022年最新】前頭葉の機能、MRI画像、遂行機能障害・注意・記憶・人格、症状、リハビリテーション

【2022年最新】前頭葉の機能、MRI画像、遂行機能障害・注意・記憶・人格、症状、リハビリテーション

学生さん
学生さん
頭部外傷後の患者様に関わらせて頂いて前頭葉症状に対するリハビリに困っています。

 

ストロボ君
ストロボ君
前頭葉は人たらしめる部分だから、関わり方も工夫が必要だね。今回は、前頭葉について学んでいこう。

 

はじめに:前頭葉とは?

 

前頭葉 frontal lobe

画像引用元:commons.wikimedia

 

人間は大きな脳を持っており、額のすぐ後ろにある前頭葉は特に巨大です。前頭葉は最も大きく、多くの点で私たちの人間らしさに関与しています。

 

前頭葉は、自発的な運動、表現力豊かな言語、そしてより高度な遂行機能の管理に重要です。

 

遂行機能とは、目標を達成するために、計画し、組織化し、開始し、自己監視し、自分の反応を制御する能力を含む認知能力の集まりを指します。

 

例えば、あなたが計画を立て、ある活動から別の活動に切り替え、誘惑に抵抗するなどのことをするときに前頭葉に頼っています。

 

前頭葉は、私たちの行動と感情のコントロールセンターであり、私たちの人格の本拠地であると考えられています。

 

 

解剖

 

前頭葉は、新皮質の総容積の41%を占める最大の葉です。

 

前頭葉は主に前頭蓋窩に存在し、前頭骨の眼窩板に横たわっています。前頭葉の最前部は前頭極と呼ばれ、後方は頭頂葉との境界である中心溝まで伸びています。後内側は側溝によって側頭葉と隔てられています。

 

一般に、前頭葉の前方に行くほど高度な機能を持ち、脳と身体の残りの部分に何をすべきかを伝えるための接続が多くなります。

 

 

MRI

 

 

動脈供給

 

中大脳動脈(MCA):前頭葉の外側

前大脳動脈(ACA):内側前頭葉

 

 

前頭葉と進化

 

長い間、多くの科学者は、ヒトの前頭葉は他の霊長類より比較的大きいと考えていました。彼らは、これが人間の進化の重要な特徴であり、人間の認知が他の霊長類のそれと異なる主な理由であると考えていました。

 

この考え方は、研究によって覆されました。磁気共鳴画像法を用いて、ヒト、すべての現生猿類、数種のサルの前頭葉皮質の体積を求めたのです。ヒトの前頭葉皮質は、他の大型類人猿の皮質よりも相対的に大きくはありませんが、小型類人猿やサルの前頭葉皮質よりも相対的に大きいことがわかりました。

 

しかし、私たちが他の哺乳類と異なるのは、脳の大きさではなく、結合性や神経伝達物質の変化といった脳の再編成にあります。

 

これらの変化をまとめると、以下のようになります。

 

・脳の大きさの漸進的増加

 

・半球の非対称性(すなわち、右半球と左半球の構造的または形態的な違い、および、半球間の情報処理能力の違い)

 

・神経突起(すなわちシナプス的に高密度の領域を形成する無髄の軸索、樹状突起およびグリア細胞の突起)の再編成

 

 

 

前頭葉の損傷

 

前頭葉は、感情のコントロールセンターであり、私たちの人格の本拠地であると考えられています。脳の中で、病変がこれほど多様な症状を引き起こす部位は他にありません。

 

前頭葉は、頭蓋の前部に位置し、蝶形骨翼に近接し、サイズが大きいため、損傷に対して非常に脆弱です。

 

MRI検査では、軽度から中等度の外傷性脳損傷では前頭葉が最もよく傷害を受ける部位であることが示されています。

 

運動機能の障害は、一般的に腕、手、指の巧緻性や筋出力の低下によって特徴付けられます。また、複雑な運動連鎖も前頭葉で制御されているようです。

 

前頭葉損傷の患者さんは、自発的な顔の表情がほとんどなく、顔の表情における前頭葉の役割を指摘することができます。ブローカ失語症、または話すことの困難さは、前頭葉の損傷と関連しています。

 

前頭葉の損傷は、発散的思考、すなわち柔軟性や問題解決能力に影響を与えるようです。また、TBIから良好に回復した後でも、注意と記憶への障害が残ることを示す証拠があります。

 

前頭葉の損傷による最も一般的な影響の1つは、社会的行動の劇的な変化である可能性があります。前頭葉の損傷後、特に両側の脳が関与している場合、その人の性格が大きく変化することがあります。また、性行動も前頭葉の損傷によって影響を受けることがあります。

 

 

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

前頭葉は、身体や環境から何らかの情報を集めています。また、脳の他のすべての部分から情報を収集し、その情報が何を意味するのかを選別し、反応を組織化します。前頭葉は、脳が行うことのほとんどを管理しています。

 

 

前頭葉の損傷による症状

 

前頭葉の損傷による症状としては、以下のようなものがあります。

 

・体または顔の片側の弱化
・転倒
・問題解決や課題の整理ができない
・創造性の低下
・判断力の低下
・味覚や嗅覚の低下
・うつ病
・行動の変化
・モチベーションの低下
・注意力の低下、気が散りやすい
・性的関心の低下または増大
・衝動的または危険な行動を抑制できない

 

障害の原因

 

・頭部外傷
・脳卒中
・前頭葉を侵す感染症
・前頭葉の腫瘍
・多発性硬化症
・神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病)

 

 

 

前頭葉の機能

 

前頭葉は反射的な行動を修正し、制約を与えます。この制御は、幼児の脳の成長と前頭葉が大きくなり、より活発になるにつれて発達します。

 

運動皮質:自発的な運動

 

運動前野:運動プログラムの記憶、感覚運動統合、制御された動作の円滑化

 

前頭葉:集中力、反射的行動の抑制、性格と感情の特徴、抽象的思考。ワーキングメモリ、目標に向けた一連の行動を計画・実行(および監視・評価)する能力などの実行機能

 

ブローカ野:発話の運動制御

 

補足運動野:運動の意図的な準備、手続き記憶

 

前頭眼野:眼球の自発的な走査運動の制御

 

 

治療とリハビリテーション

 

前頭葉の損傷に対する治療は、その原因によって異なります。前頭葉損傷の治療計画には、複数の種類の医療専門家によるチームが含まれます。

 

前頭葉損傷の潜在的な治療法の例としては、以下のようなものがあります。

 

理学療法:運動能力、筋力、柔軟性を維持または回復させる

 

作業療法:着替え、食事、入浴などの日常的な作業や活動を行うための新しい戦略の習得を支援する

 

職業カウンセリング

 

言語療法:コミュニケーションの改善や補助器具の使い方の指導を支援する

 

認知療法:計画、判断、記憶などのスキルに働きかける

 

心理療法:人間関係、感情的反応、対処スキルの改善を支援する

 

損傷や脳腫瘍が原因となっている場合には、手術が勧められることもあります。

 

前頭葉の損傷の原因が、神経変性疾患などの永久的なものである場合もあります。このような場合、治療には薬物療法が用いられることもあります。

 

他にも遂行機能障害のリハビリテーションを紹介しています→こちら

 

 

References

 

1. Mesulam MM. The human frontal lobes: Transcending the default mode through contingent encoding. Principles of frontal lobe function. 2002 Jun 27;54:8-30.

 

2. Luciana, ed. by Charles A. Nelson. Handbook of developmental cognitive neuroscience. Monica (2001). Cambridge, Mass. [u.a.]: MIT Press

 

3. Flint AC, Manley GT, Gean AD, Hemphill III JC, Rosenthal G. Post-operative expansion of hemorrhagic contusions after unilateral decompressive hemicraniectomy in severe traumatic brain injury. Journal of neurotrauma. 2008 May 1;25(5):503-12.

 

ストロボ君
ストロボ君
それでは関連する論文を読んで理解を深めていこう

 

 

 

前頭葉に関連するリハビリ論文サマリー

 

 

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

遂行機能障害(前頭葉機能障害)について~4つの構成要素とは?~

 

原著はExecutive dysfunctionこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

遂行機能障害を有する患者の治療に関わることがあり、問題の整理をしようと思い学習の一助として本論文に至った。

 

内 容

 

遂行機能障害について

 

・遂行機能という用語は、遂行機能とは適応性のある目的を持った一連の活動を効率よく成し遂げるために必要な機能です。これには、思考を生成し、柔軟に考え、情報を頭の中で更新および操作し、現在の目標に関係のないものは排除、自己をモニターし、現在の状況に応じて行動を計画および調整する能力が含まれます。絶えず変化する世界に適応する能力ために、そして遂行機能の欠如は日常生活の機能と活動の不均衡な障害につながります。

 

・この記事では、遂行機能に関連するが分離可能なコンポーネントを定義し説明します。

 

行動の抑制:行動の抑制とは、現在の状況において不適切または無関係である可能性のある事に対する応答を抑制する能力です。適応行動では、現在の目標を達成するために反応の抑制が必要になる場合があります。

 

セットの転換:セットの転換は、状況や要求の変化に応じて柔軟に注意と行動を変更する機能を反映しています。セットの転換は本質的に、作業記憶(現在の目標を念頭に置くため)と応答抑制(以前に関連した目標または注意の焦点を無視するため)に依存し、遂行機能のさまざまなコンポーネントの相互依存性を示しています。セットの転換機能が低下している患者は、多重課題において問題があり、思考が固まってしまう場合があります。TMTは、神経心理学的検査でよく使用されます。

 

ワーキングメモリー:ワーキングメモリは、意識的に情報を一時的に処理、保存、操作できる能力です。日常生活の例としては、電話の準備をしているときに電話番号を思い返したり、長い会話の中で意味を処理しながら会話を続けます。ワーキングメモリー障害のある患者は、ぼんやりしていることや集中力の問題を報告することがあります。無傷のワーキングメモリーは、必要なすべての情報を積極的に追跡できるため、計画や意思決定などの高レベルのタスクにとって重要です。

 

行動の円滑さ:行動の円滑さ(流暢性)は、応答の繰り返しを避けながら(同じことをしないように気を付けながら)、一定の時間で口頭または視覚的な情報の生成を最大限にする能力を表します。流暢性の課題の最も一般的な3つのタイプは、カテゴリ、文字、およびデザインです。カテゴリの流暢性の場合、被験者は指定されたカテゴリ(動物や食料品など)からできるだけ多くの単語を生成するように求められます。

 

リハビリテーション戦略

 

・遂行機能は作業記憶、抑制、状況の変化に直面した際の柔軟さを意味のセットの転換、行動の円滑さの4つの異なるコンポーネントに分割できます。これらのコンポーネントは、個々の患者で異なる影響を受け、計画や編成などの高次の認知構造を導くために一緒に機能する可能性があります。

 

・遂行機能は広範な前頭葉、頭頂葉、および皮質下の脳ネットワークに依存しています。

 

・認知リハビリテーション戦略には、環境操作(例、気を散らすものを最小限に抑え、タスクを簡素化する)、代償的手法(例、デイリープランナーやスマートフォンの使用を増やす)、直接介入(例、スキルを向上させるための反復トレーニング)が含まれます。

 

 

高次脳機能障害について下記記事でまとめています。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

・言語聴覚士、心理の方でなくとも、各々の高次脳機能の根本を理解していれば、簡単な課題に落とし込んでスクリーニング検査を行える。脳画像や患者の振舞いから関連してそうな高次脳機能の問題を何気ない会話の中や課題の中で探っていくスキルも重要である。

 

 

STROKE LABの療法士教育/自費リハビリを受けたい方はクリック

臨床の結果に悩んでいませんか?脳科学~ハンドリング技術までスタッフ陣が徹底サポート

厳しい採用基準や教育を潜り抜けた神経系特化セラピストがあなたの身体の悩みを解決します


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み