トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.552.遂行機能障害について~4つの構成要素とは?~

Vol.552.遂行機能障害について~4つの構成要素とは?~

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●遂行機能障害について~4つの構成要素とは?~

 

●原著はExecutive dysfunctionこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●遂行機能障害を有する患者の治療に関わることがあり、問題の整理をしようと思い学習の一助として本論文に至った。

 

内 容

 

遂行機能障害について

 

●遂行機能という用語は、遂行機能とは適応性のある目的を持った一連の活動を効率よく成し遂げるために必要な機能です。これには、思考を生成し、柔軟に考え、情報を頭の中で更新および操作し、現在の目標に関係のないものは排除、自己をモニターし、現在の状況に応じて行動を計画および調整する能力が含まれます。絶えず変化する世界に適応する能力ために、そして遂行機能の欠如は日常生活の機能と活動の不均衡な障害につながります。

 

●この記事では、遂行機能に関連するが分離可能なコンポーネントを定義し説明します。

 

行動の抑制:行動の抑制とは、現在の状況において不適切または無関係である可能性のある事に対する応答を抑制する能力です。適応行動では、現在の目標を達成するために反応の抑制が必要になる場合があります。

 

セットの転換:セットの転換は、状況や要求の変化に応じて柔軟に注意と行動を変更する機能を反映しています。セットの転換は本質的に、作業記憶(現在の目標を念頭に置くため)と応答抑制(以前に関連した目標または注意の焦点を無視するため)に依存し、遂行機能のさまざまなコンポーネントの相互依存性を示しています。セットの転換機能が低下している患者は、多重課題において問題があり、思考が固まってしまう場合があります。TMTは、神経心理学的検査でよく使用されます。

 

ワーキングメモリー:ワーキングメモリは、意識的に情報を一時的に処理、保存、操作できる能力です。日常生活の例としては、電話の準備をしているときに電話番号を思い返したり、長い会話の中で意味を処理しながら会話を続けます。ワーキングメモリー障害のある患者は、ぼんやりしていることや集中力の問題を報告することがあります。無傷のワーキングメモリーは、必要なすべての情報を積極的に追跡できるため、計画や意思決定などの高レベルのタスクにとって重要です。

 

行動の円滑さ:行動の円滑さ(流暢性)は、応答の繰り返しを避けながら(同じことをしないように気を付けながら)、一定の時間で口頭または視覚的な情報の生成を最大限にする能力を表します。流暢性の課題の最も一般的な3つのタイプは、カテゴリ、文字、およびデザインです。カテゴリの流暢性の場合、被験者は指定されたカテゴリ(動物や食料品など)からできるだけ多くの単語を生成するように求められます。

 

リハビリテーション戦略

 

●遂行機能は作業記憶、抑制、状況の変化に直面した際の柔軟さを意味のセットの転換、行動の円滑さの4つの異なるコンポーネントに分割できます。これらのコンポーネントは、個々の患者で異なる影響を受け、計画や編成などの高次の認知構造を導くために一緒に機能する可能性があります。

 

●遂行機能は広範な前頭葉、頭頂葉、および皮質下の脳ネットワークに依存しています。

 

●認知リハビリテーション戦略には、環境操作(例、気を散らすものを最小限に抑え、タスクを簡素化する)、代償的手法(例、デイリープランナーやスマートフォンの使用を増やす)、直接介入(例、スキルを向上させるための反復トレーニング)が含まれます。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●言語聴覚士、心理の方でなくとも、各々の高次脳機能の根本を理解していれば、簡単な課題に落とし込んでスクリーニング検査を行える。脳画像や患者の振舞いから関連してそうな高次脳機能の問題を何気ない会話の中や課題の中で探っていくスキルも重要である。

 

高次脳機能障害関連記事はこちら

 

vol.372:運動機能・高次脳機能障害をもとにした更衣動作の予後予測 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

vol.384:高次脳機能評価は転倒を予測できるのか? 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み