トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.558.パーキンソン病患者に対する聴覚刺激と視覚刺激の効果は同じ?

Vol.558.パーキンソン病患者に対する聴覚刺激と視覚刺激の効果は同じ?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●パーキンソン病患者に対する聴覚刺激と視覚刺激の効果は同じ?

 

●原著はSelf-perceived Utilization of the Paretic Arm in Chronic Stroke Requires High Upper Limb Functional Abilityこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●パーキンソン病患者に対して、様々な手掛かりを用いた練習が為されているが、それぞれにより結果が異なるのか気になり本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●研究目的は、「視覚的手がかり」と「聴覚的手がかり」の組み合わせが、個別に適用された手がかりよりもパーキンソン病(PD)患者の歩行パターンに大きな影響を与えるかどうかを判断することでした。

 

方法

 

●特発性のパーキンソン病の患者24名が研究に参加しました。

 

●患者は抗パーキンソン病薬を服用していない間にランダムな順序で実行された4つの条件(1.手がかりなし2.視覚的手がかりあり3.聴覚的手がかりあり4.両方の手がかりあり)のそれぞれを2回の試行中に7.62mの通路で歩行しその歩行パラメーター(平均歩行速度、ケイデンス、および歩幅)が測定されました。

 

●聴覚手がかりは、被験者の最大歩行速度より25%速いメトロノームで試行しました。

 

●被験者の身長の40%に等しい間隔で通路に沿って配置された鮮やかな色の平行線を視覚的な手がかりとしました。

 

結果

 

●パーキンソン患者に対する聴覚的手がかりはケイデンスを大幅に改善したが、視覚的手がかりは歩幅を改善した。

 

●聴覚と視覚の手がかりを同時に使用しても、各合図だけの場合よりも歩行が大幅に改善されることはありませんでした。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●ケイデンス(歩調)は連続性・ペースとも言え、聴覚刺激はコンスタントなペース作りに良いことが示唆される。それに対して視覚刺激はその都度の歩幅の改善に有効であることが示唆された。注意を双方に向けることは難しい可能性があり、多重感覚付与の場合はより自然な運動錯覚を引き起こすような科学的な工夫が必要そうである。

 

併せて読みたい【パーキンソン病】関連記事はこちら

 

●Vol.179.パーキンソン病と固有受容感覚 エビデンス論文 専門リハビリ施設

 

●Vol.475.パーキンソン病における運動学習~リハビリテーションの限界と可能性について~

 

●Vol.201.パーキンソン病の補足運動野とAPA(先行性随伴姿勢制御) リハビリ論文 専門施設 論文発信

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み