トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > Vol.467.荷重練習後、一時的に歩行速度は低下する!?慢性期脳卒中患者の麻痺側荷重練習の影響

Vol.467.荷重練習後、一時的に歩行速度は低下する!?慢性期脳卒中患者の麻痺側荷重練習の影響

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

歩行

 

タイトル

●荷重練習後、一時的に歩行速度は低下する!?慢性期脳卒中患者の麻痺側荷重練習の影響

 

●原著はEffects of Weight-Shift Training on Walking Ability, Ambulation, and Weight Distribution in Individuals With Chronic Stroke: A Pilot Studyこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者において、荷重・weight shift練習は一般的である。しかし、その練習が短期的または長期的にどの程度効果を示すものか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中後に歩行困難さを感じている人は、通常、非対称的な歩容で、年齢を合わせたコントロール群よりも歩行速度が遅くなります。この歩行の困難さは、日常生活活動において脳卒中を持つ人々の生活を制限します。

 

 

●慢性期脳卒中患者の麻痺側への体重負荷練習が歩行・立位時の荷重分布、歩行に与える影響を評価することでした。

 

 

方法

 

慢性期脳卒中(発症から3〜11年)と歩行困難さを伴う10人の被験者が、3週間のweight shiftトレーニングプログラムに参加しました。空間および時間的歩行パラメーターは、運動分析システムを使用して、トレーニング前後およびトレーニング後3か月で評価されました。荷重分布はフォースプレートで評価され、歩行はthe Swedish version of the Clinical Outcome Variables Scale (S-COVS)で評価されました。

 

●トレーニング期間は3週間、週に4回の1時間のセッションで構成された。3つの課題で構成されていた。①壁で支え歩く:麻痺側を壁に近づけて歩いた(10m×3)②段差昇降:麻痺側を壁に付け、14cm台に上り、後方に下りる練習を行った。③壁沿いでの起立練習

 

 

 

結果

 

●preとpost間に、非麻痺側下肢の立脚時間の減少とS-COVSスコアの増加に有意な変化が見られました。3か月間のフォロー評価では歩行速度も大幅に向上しました。フォローアップでは歩行速度は改善したが、トレーニング直後では歩行速度は減じた。これは、運動学習によるものである可能性があります。つまり、被験者は運動中に麻痺側により多くの体重を移して「新しい」歩行パターンを学習する必要がありました。実際には歩行速度が遅くなりました。その後、新しい歩行パターンに順応する時間が増えたため、より速く歩くことができたと推測されます。これはVereijkenらによる運動学習モデルによってサポートされています。このモデルでは、学習者は最初に動きを単純化し、いくつかの関節を拘束することで自由度を減らします。一方、3か月のフォローアップでしか現れなかった歩行速度の増加は、体重シフトが再び非麻痺側下肢に多くなったため、より非対称的な歩行パターンへ戻ったものである可能性があります。

 

●立位での荷重分布はpreとpost間で変化しませんでしたが、preとフォロー評価間では、麻痺側下肢から非麻痺側下肢へ荷重分布が変化しました。体重移動トレーニングは、慢性期脳卒中者の歩行を改善するようですが、立位での荷重分布を改善することはありません。この研究の結果は、壁支持による対称性トレーニングを3週間行った後、歩行速度の増加、立脚期の正常化、歩行の改善を示しています。対照的に、立位の荷重分布は、麻痺側から非麻痺側にシフトしました

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●臨床では、ただ単に麻痺側を軸とした荷重練習を行うと歩行速度が減じるまたは動きにくさを生じる事がある。非麻痺側を軸に円滑に動く事を学習した患者が、麻痺側を軸に練習し良感覚を得られないと麻痺側の荷重感覚も十分分からない、非麻痺側にも頼りづらくなりパフォーマンスが低下する。麻痺側に荷重をかける所から正中または非麻痺側に戻る、ただ荷重をかけるだけでなくどのような制御が出来ずどのような感覚が得られづらいのか評価し介入する、非麻痺側の支持が不十分であれば非麻痺側コントロール練習もしっかり行う・・etc。ただ麻痺側に体重を乗せるだけでなく、どのように麻痺側を使用すると本人にとってベターなのか考え、その上で荷重練習を行っていきたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み