トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.464.在宅生活の中年および高齢者における単一課題および二重課題のTUGパフォーマンス影響する要因

Vol.464.在宅生活の中年および高齢者における単一課題および二重課題のTUGパフォーマンス影響する要因

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●在宅生活の中年および高齢者における単一課題および二重課題のTUGパフォーマンス影響する要因

 

●原著はFactors Contributing to Single- and Dual-Task Timed “Up & Go” Test Performance in Middle-Aged and Older Adults Who Are Active and Dwell in the Communityこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●10m歩行やTUGはじめ種々のシンプルな検査があるが、二重課題とすることでその結果や意味合いも変わってくると思われ、先行研究でどのような結果や考察が得られているのか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●Timed Up and Go(TUG)テストには、座った状態からの立ち上がり、3メートル歩く、振り向く、後ろに歩く、後ろに座るなどのテストが含まれます。このテストは機能的可動性のシンプルで迅速に行える検査であり優れた信頼性を持っています。以前の研究では、年齢、性別、身長、体重、病歴など、TUGのパフォーマンスの要因がいくつか特定されています。他の要因、特に運動(例:下肢の筋力と歩行速度)と認知面も、TUGのパフォーマンスに影響を与えることが報告されています。

 

●二重課題TUGには、TUGテストを実行しながら、水を運ぶなどの課題(TUGmanual)または引き算課題(TUGcognitive)などの認知課題が含まれます。 以前の研究では、二重課題TUGと単一課題TUGのパフォーマンスの時間差が、身体の脆弱性と転倒の有効な予測因子であることを示しています。

 

●研究目的は、単一課題と二重課題のTUGのパフォーマンスに寄与する要因を比較することでした。

 

 

方法

 

●50歳以上で地域に在住する64人が参加した。 事前にインタビューと身体能力検査が行われた。

 

●単一課題のTUGテスト(TUGsingle)または二重課題TUGテスト(認知課題:引き算、運動課題:水を運ぶ)を実行しを完了する時間を測定した。

 

 

結果

 

●TUG+運動課題(水を運ぶ)は年齢により影響を受け、TUG+認知課題(引き算)は注意力の影響を受けた。

 

年齢、股関節伸筋力、歩行速度、認知機能、ストループ課題のスコアはすべてのTUGのパフォーマンスと有意に関連していた。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●TUGは世界的にも定期的に評価されるテストであると思われる。今回、水を運ぶという運動課題を付加した場合は年齢の影響、引き算を行う認知課題が付加された場合は注意機能の影響が示唆された。患者の移動能力の経過を追う際に、単一課題と二重課題を組み合わせた場合の差を見ていく事も重要と思われる。認知負荷で差が大きく見られる様であれば、注意機能はじめ認知面の課題を含んだ練習を行っていく事も良いと思われる。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み