トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 【2022年最新】小趾外転筋の起始停止と作用とは?外側縦アーチ、歩行・バランスとの関係性は?

【2022年最新】小趾外転筋の起始停止と作用とは?外側縦アーチ、歩行・バランスとの関係性は?

学生さん
学生さん
脳卒中患者の方を見学していて、手指でも足趾でもただ曲げる伸ばすは出来ても、外転を伴うことは難しいのかなと感じました。なので、まずは足の指の外転について学んでいきたいなと思っています。

 

 

ストロボ君
ストロボ君
そうだね。外在筋を用いて粗大的な屈伸は出来ても、骨間筋や手内筋・足底筋と協調して又は選択的に用いていくのは難易度が高いよね。では、今日は小趾外転筋についておさらいしていこう。

 

 

 

小趾外転筋の概要

 

足の外側縁にある小さな筋肉で、手指の小指外転筋と相同性がある。

 

小趾外転筋の起始停止

小趾外転筋

図引用元:VISIBLE BODY

 

起始停止

起始:踵骨結節の外側突起と内側突起、足底腱膜、筋間中隔

停止:第5趾の小趾基節骨の付け根の外側

 

小趾外転筋は、足底筋膜、踵結節の外側突起、内側突起およびそれらの間の領域から起始します。足部外側を前方に走行し、第5趾の近位指骨の基部と第5中足骨に停止する腱を生じます。

 

 

小趾外転筋の神経支配

 

外側足底神経

 

神経

脛骨神経より外側足底神経(S1-S3)

 

 

 

小趾外転筋の血管供給

 

外側足底動脈

動脈

外側足底動脈から供給される

 

 

小趾外転筋の機能・臨床的意義

 

 

中足趾節関節で小趾を外転させる

 

外転筋と呼ばれますが、この筋肉は外転する以外にも、第5趾の中足趾節関節をより強力に屈曲させる働きがあります。

 

その働きは、反対側の母趾外転筋と類似しており、歩行、走行、ジャンプの際に縦アーチを支えることで足の凹みを維持する。

 

まれに筋肉が二又に分かれることがあり、余分な筋腹は足の再建手術のフラップとして使用されることがある。

 

 

アクティブサブシステム

 

アクティブサブシステム 内在筋

図引用元:脳卒中の動作分析 金子唯史 著

 

足部の内在筋・外在筋・腱から形成される。外在筋は運動を実行する役割があるのに対し、 内在筋は足部に対する安定化作用や足の縦・横アーチを補助する役割がある。

 

内在筋はいくつかの層で形成されているが、最初の2層は内側・外側縦アーチの形成に関わ り、深層は横アーチに関与する。このため、内在筋は床反力を受け取る感覚入力 の鍵となり、運動連鎖による筋活動パターンを生み出すとも報告されている。

 

小趾外転筋は1層のため外側縦アーチの形成に関わると言える。

 

外側縦アーチは長腓骨筋、短腓骨筋、小趾外転筋で構成される。この部位の機能低下は小趾側荷重が不安定となり、不安定性に繋がる。脳卒中患者では、多くの患者が小趾外転筋をはじめとする外側縦アーチの機能低下を生じていると臨床的に実感している。

 

 

外側縦アーチに関する記事は下を参照してください。

 

 

 

療法士においては、下記動画にて手内在筋(虫様筋記事はこちら)の実践的な促通を解説しています。足部とも通じる部分です(相同性がある)ので、ご視聴頂けると理解が深まると思われます。

 

 

 

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

References

 

1. Sa Das, Rakesh suri, V Kapur Clinical importance of bifid Abductor Digiti Minimi muscle of the foot. Research Gate June 2003

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み