【2022年最新】小胸筋の起始停止と作用とは?触診、MMT、ストレッチ、トレーニング、胸郭出口症候群の解説まで – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. バイメカ
  4. 【2022年最新】小胸筋の起始停止と作用とは?触診、MMT、ストレッチ、トレーニング、胸郭出口症候群の解説まで
バイメカ

【2022年最新】小胸筋の起始停止と作用とは?触診、MMT、ストレッチ、トレーニング、胸郭出口症候群の解説まで

学生さん
学生さん
小胸筋のケアは神経や動脈・静脈の絞扼の改善などに重要と聞いたことがありますが、大胸筋に隠れていて触診やストレッチなどに自信がありません。

 

ストロボ君
ストロボ君
デスクワークや体を丸めている姿勢の増えた現代、小胸筋のケアは重要になるね。基本から小胸筋をおさらいしていこう。

 

 

小胸筋の概要

 

 

小胸筋は三角形で、大胸筋の下に位置し、ともに腋窩の前壁を形成します。

 

 

肋軟骨接合部に隣接する第3〜5肋骨の縁から生じます。その結果、線維は上方および側方を通り、肩甲骨の烏口突起の内側縁と上面に停止します。

 

 

肩甲骨を胸壁に対して下方および前方に引っ張ることによって、肩甲骨を安定させるのに重要と言われます。

 

 

小胸筋は、腕神経叢と鎖骨下動脈および静脈の両方を通過させるために肋骨の間に通路を作ります。小胸筋が短縮/緊張すると、肩甲上腕リズムに悪影響を及ぼし、胸郭出口症候群を引き起こす可能性があります。

 

 

 

小胸筋の起始停止

小胸筋 起始停止

図引用元:VISIBLE BODY

 

 

 

起始停止

起始:第3〜5肋骨の前方

停止:肩甲骨の烏口突起の内側縁と上面

 

 

 

小胸筋の神経支配

 

小胸筋 神経支配

図引用元:VISIBLE BODY

 

 

神経

小胸筋の主な神経供給は内側胸筋神経(C8, T1 )からです。また「Ansa pectoralis」と呼ばれる連絡枝を介して、外側胸筋神経からも神経を供給されることがある。

 

 

 

小胸筋の血管供給

 

胸肩峰動脈
図引用元:VISIBLE BODY

 

 

動脈

小胸筋に供給する血管は、胸部と上肢の大きな腋窩動脈から分岐する短い動脈である胸肩峰動脈です。

 

 

 

小胸筋の機能・臨床的意義

 

作用

主な作用は、肩甲骨の安定、下制、外転または伸展、内旋、下方回旋などです。

 

 

・両側の胸筋は、前鋸筋と協力し肩甲骨の完全な可動域を作り出します。

 

 

呼吸における小胸筋の役割

 

 

・胸郭を固定または挙上すると、深い吸気のために肋骨を挙上させる。

 

 

・肩甲骨が安定し、整容性の良い位置で、小胸筋は吸気の補助筋として働く。

 

 

・長時間のうつむき姿勢は、首の動きの痛みおよび/または制限、背中の上部の硬直と痛みをもたらし、腱板病変のリスクを増加させる可能性がある。

 

 

・短縮した小胸筋は、肩甲骨の回転を制限し、関節の完全な屈曲に必要な頭側の向きに関節窩が到達するのを妨げることによって、肩関節の屈曲を制限する。また、肩甲骨のウィング、すなわち前傾した肩甲骨の内側縁の隆起、下角の隆起、および烏口突起の下制の原因となる。

 

 

・小胸筋の緊張は、腋窩の下の神経を巻き込み、腕から手にかけての痛み、しびれ、うずきを引き起こすこともある。

 

 

胸郭出口症候群

 

腕神経叢の索と腋窩の動脈や静脈が烏口突起と胸郭の間に横たわるため、小胸筋の短縮はこれらの太い血管や神経にインピンジを生じさせ、肩のインピンジメントや胸郭出口症候群を引き起こすことがある。

 

 

 

小胸筋の評価

 

 

触診

 

小胸筋 触診

図引用元:http://topspeedsports.com/

 

 

小胸筋を触診するには、腋窩に指を入れ、肩甲骨の烏口突起に向かって斜めに押す。

痛む場合は、筋肉に攣縮が生じている状態である。

 

 

筋力

 

姿勢:背臥位 肩関節90°屈曲位、肘関節伸展位

 

動作:中間位から肩甲帯外転中間域まで自動的に外転し、その構えを保持します。

 

MMT3レベル:肩関節90°屈曲位で肘関節伸展位を保持する。外転運動に対して徒手抵抗は加えない。

 

MMT4レベル以上:肘関節伸展位で固定した上肢に対し内転方向へ抵抗をかける

 

 

小胸筋の治療

 

 

前鋸筋を活性化し、小胸筋の働きや活動を最小限にしたい場合は、小胸筋ではなく前鋸筋を高度に選択的に活性化するようなエクササイズを実施します。

 

 

筋力強化(小胸筋の抑制)

 

Serratus Punch Exercise:前鋸筋を高度に選択的に活性化させます。

 

 

ストレッチ

小胸筋ストレッチ

 

図右参照

 

ステップ1:肘を曲げて、頭の高さより上のドア枠に手をつきます。

 

ステップ2:筋の伸びを感じるまでドアを通り抜け、さらに深く伸びを感じるまで手を上下にスライドさせます。

 

ステップ3:60秒キープするか、力を入れるリラックスを繰り返すバージョンを試します。片方ずつ行うことで、より効果的なストレッチになります。

 

 

図左参照

 

片手ずつでも構いません。その際、膝をストレッチ側と反対に倒す方法も有用です。

 

 

肩甲帯のハンドリングに関しては下記の動画をご参照ください。

 

 

References

 

 

1.  Castelein, B., Cagnie, B., Parlevliet, T., Cools, A. Serratus anterior or pectoralis minor: Which muscle has the upper hand during protraction exercises?. Manual Therapy,April 2016: 22, 158–164.

 

 

2. Baig MA, Bordoni B. Anatomy, Shoulder and Upper Limb, Pectoral Muscles.

 

 

小胸筋に関するリハビリ論文サマリー

 

 

 

タイトル

猫背に対する小胸筋ストレッチの効果The effects of manual treatment on rounded-shoulder posture, and associated muscle strength?pubmedへ Wong CK et al.(2009)

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

 

•高齢者のみならず、スマホやPCの普及などから最近では若年者も猫背の方を多く見受ける。小胸筋は臨床上でも診る事が多く、本論文に興味を持った。

 

論文内容

背景

 

•デスクワークなど日常の習慣によって、肩を丸めた姿勢:猫背(Rounded Shoulder Posture:RSP)を取りやすくなる。

 

•小胸筋のtightnessとRSPとの関係が示唆されているが、小胸筋の治療が姿勢や筋機能に影響することを示す証拠は不足している。

 

•RSPを改善するための治療として、小胸筋の長さを再び作り出すストレッチングや軟部組織モビライゼーション(STM)を提案する。

 

•僧帽筋下部および前鋸筋の強化もまた、RSPに関連する筋弱化に抗する為に積極的に使用されている。

 

研究目的

 

•研究目的は、「小胸筋の軟部組織モビライゼーション・セルフストレッチ」と「プラセボタッチと大胸筋ストレッチ」の効果をRSP姿勢と僧帽筋下部の出力で比較した。

 

研究方法

 

•20~40歳の6人が参加した。

 

1)小胸筋に軟部組織モビライゼーションを受け、その後にセルフストレッチを行った。

2)対照群は、プラセボ的な軽いタッチ(圧を掛けない程度3分間)を大胸筋外側部に受け、大胸筋のストレッチを行った。

123

rge

 

•評価者と治療者は異なり、治療者は評価せずに施術した。

 

•RSPの評価(仰臥位で上肢をニュートラルの位置にし、肩峰端からテーブルまでの垂直線を測定)および僧帽筋下部の出力(LTS)の測定を繰り返した。

 

研究結果

 

 

•治療前の対照群と実験群の間に有意差は認められなかった。

 

•「小胸筋の軟部組織モビライゼーション・セルフストレッチ」群において、治療直後のRSPの有意な減少を示し、治療後2週間有意に減少したままであった。

 

vev

•両方の群についてLTSは、治療前から治療後の最初のセッションまで有意に増加した。

 

•この研究は、STMおよび小胸筋の伸長がRSPを有意に減少させることを実証した。

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS