トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.573.脳卒中後の身体認知(感覚)がバランスとQOLに及ぼす影響とは??

Vol.573.脳卒中後の身体認知(感覚)がバランスとQOLに及ぼす影響とは??

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●脳卒中後の身体への気づきがバランスとQOLに及ぼす影響とは??

 

●原著はDifferences in body awareness and its effects on balance function and independence in activities of daily living for strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者の治療に関わることが多いが、身体認知・Body Imageは強く動作能力に関わっている印象である。身体認知の能力が将来的な生活の質とどの程度関わってくるか学びたく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●正確な身体情報は、動きを正確に制御するために重要です。脳卒中者では、身体認知の低下が患者の日常生活動作のパフォーマンスに影響を及ぼします。 脳卒中後、自分の体が違うと感じ、見知らぬ人のように感じる患者もいます。身体認知は姿勢制御、バランス、自由呼吸、協調性などにも影響を受けます。ダイナミックバランスと姿勢安定トレーニングは、身体認知を促進し、片麻痺の方にとって有益です。

 

 

●今回の研究は大脳半球の脳卒中患者の日常生活動作における身体認知と姿勢制御および生活の自立度との関連性を調査することを目的としました。

 

 

方法

 

●転倒リスクの高さ(転倒のリスクが高い、中程度、低い)に応じて3つの群、生活の自立度(重度、中等度、軽度、最小限の支援)に応じて4つの群に分けられた。評価は身体認識質問票(身体知覚、姿勢知覚、固有受容感覚、運動感覚、深部感覚などの身体情報)、BBS、修正BIを使用しました。

 

●この横断的研究は対面のインタビューに基づいていました。身体意識は、対面インタビュー中に回答された質問票を使用して評価されました。次に、日常生活動作のバランス機能(BBS)と自立性の評価ツール(MBI)を用いて機能状態を調査しました。

 

 

結果

 

●転倒のリスクが高い群と比較して、転倒のリスクが低い群では、身体認知がバランス機能と有意に相関していた。身体認知は、中程度から重度の支援を必要とする群と比較して、最小限の支援を必要とするグループで日常生活動作を実行する際の独立性の程度と有意に相関していました。

 

●結果は、身体の認識が、片麻痺性脳卒中の個人の日常生活動作を実行する際の姿勢制御および独立性の程度と関連していることを示した。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

●脳卒中患者では少なからず身体感覚の問題・身体イメージの変化が生じ、バランス・動作に影響を及ぼすことで生活の質を低下させる。麻痺の影響を受け、非麻痺側の身体感覚にも過活動など変化が生じる可能性があり、両側に目を向けて再学習していく必要がある。

 

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中 身体感覚】関連論文

 

Vol.559.COP(足圧中心)と感覚障害の重症度との関係性   脳卒中論文サマリー

 

vol.368:感覚に優れた手について  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

Vol.506.上肢の予測的姿勢制御と感覚障害について

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み