トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.554.脳卒中患者の足部内反と長趾伸筋の関係

Vol.554.脳卒中患者の足部内反と長趾伸筋の関係

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●脳卒中患者の足部内反と長趾伸筋の関係

 

●原著はFoot varus in stroke patients: muscular activity of extensor digitorum longus during the swing phase of gaitこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者では多くの方が足部の底屈・内反を生じやすい。前脛骨筋への介入をしている人は多いが長趾伸筋まで十分意識できている人は少ないように感じ、その重要性を学習しようと本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●片麻痺患者はしばしば異常な下肢筋のバランスを示し、これは内反足のような足の変形につながる可能性があります。

 

●前脛骨筋と長趾伸筋の間の筋出力の不均衡が、脳卒中患者の歩行のスイング相での足の内反と関連しているか評価した。

 

 

方法

 

●歩行のスイング相で足内反を呈する20人の片麻痺患者を16人の健康な被験者と比較した。歩行は、ビデオ録画と表面筋電図によって分析されました。前脛骨筋と長指伸筋の筋電図信号の持続時間と振幅の大きさを収集しました。スイングフ相の下腿三頭筋の活動も評価されました。

 

結果

 

●片麻痺患者は下腿三頭筋の早期活動と前脛骨筋と長趾伸筋の筋電図信号の持続時間と振幅の偏り(長趾伸筋の活動の減少)が頻繁に観察されました。これらの不均衡は、長指伸筋の活動の減少によって説明されました。

 

●歩行のスイング相での長指伸筋の活動は、前額面で足のバランスを取るために重要です。その筋の活性化は、リハビリテーションプログラムに含まれるべきです。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

●脳卒中患者では、足部底屈内反を生じやすい。足部の痙縮と言ったときに、そもそも筋の長さが足りておらず伸張され伸張反射が起きやすいのか、速度依存で反射が起きやすいのか、コントロールの問題かなど整理が必要である。

 

●長指伸筋の活動も同様で、底屈筋の過活動や長さが足りず伸筋活動が出ないのか、そもそも出力が弱いのかなど整理して介入していく必要がある。

 

併せて読みたい【足部】関連の記事はこちら

 

●vol.277:ヒラメ筋筋線維の3次元的構造 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

●vol.246:足関節ストレッチング装具の効果とは? 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

●vol.216:足部の筋に対する筋トレとバランス 脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み