トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.529.脳性麻痺患者に対するキネシオテーピングの手指機能への効果

Vol.529.脳性麻痺患者に対するキネシオテーピングの手指機能への効果

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●脳性麻痺患者に対するキネシオテーピングの手指機能への効果

 

●原著The Effect of Kinesio Taping on Handgrip and Active Range of Motion of Hand in Children with Cerebral Palsyこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床で上肢機能障害に対してテーピングは簡易的に治療・評価として使用出来る印象があり、より学ぶべく学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳性麻痺患者(CP)の神経学的病変は進行性ではありませんが、筋骨格系病変は進行性と言えます。筋力低下や筋の不均衡、痛み、能動的および受動的な可動域の制限、手足の機能的使用不良などの二次的な筋骨格系の影響が見られます。

 

●CP患者の筋肉不足は、可動域、正確なタイミング、パワー、および手の操作スキルの制限につながる可能性があります。

 

●キネシオテーピングは、神経疾患のリハビリテーションに使用される比較的新しい技術です。当初はスポーツまたは整形外科の分野で使用され、その後、神経障害などの他の機能障害の補助療法として認められてきました。

 

●研究目的は脳性麻痺患者の手の握力と可動域に対するキネシオテーピングの効果を調査することでした。

 

 

方法

 

●CPの32人の子供がランダムに実験群(n = 17)と対照群(n = 15)に分けられました。

 

●今回の実験的研究では、キネシオテープは前腕と手背に適用されました。評価は、介入前、初回適用後、テーピング使用し2日後とテープの取り外してから2日後に実行されました。ゴニオメーターは、手関節背屈のアクティブな可動域を評価するために使用されました。さらに、握力の評価には握力計を使用しました。

 

 

結果

 

●初回適用後、適用し2日後、テーピングを取り外してから2日後は握力と手関節・母指のアクティブな可動域に実験群と対照群間に有意差がありました。 CPの子供たちの神経リハビリテーションにおけるキネシオテーピングは、手の力と手関節と母指のアクティブな可動域を促進するための便利なデバイスと言えます。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●テーピングは関節運動を正しい方向に誘導したり、逆に抑制したり筋制御の補助を行ってくれる。手の姿勢の良い状態で練習すると比較的その姿勢に繋がってくる印象である。装具を作成するにあたっても、簡易的評価ツールとなり得る。麻痺患者へのテーピングをしている療法士は比較的少ないと思うが重宝する為、是非試みてほしい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み