トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.527.Kinect訓練が脳卒中患者の上肢機能回復に及ぼす効果とは?

Vol.527.Kinect訓練が脳卒中患者の上肢機能回復に及ぼす効果とは?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●Kinectベースのトレーニングが脳卒中患者の上肢機能回復に及ぼす効果とは?

 

●原著はMechanism of Kinect-based virtual reality training for motor functional recovery of upper limbs after subacute strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者がトレーニングを身近にゲーム感覚で行えるデバイスに興味があり、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●本研究は亜急性脳卒中患者の上肢に対するKinectベースのVRトレーニングの有効性を評価した。

 

●Kinectベースのバーチャルリアリティトレーニングは、リハビリテーションへの参加意欲を高める可能性がある。聴覚的および視覚的刺激が魅力的で、患者が勝つか負けるとKinectベースのバーチャルリアリティゲームからフィードバック情報と刺激的な音を取得し、同じ動きを繰り返すように促すことができる。

 

方法

 

 

●Kinectベースの治療の効果を調査するために、18人の健康対象者と5人の脳卒中患者を募集しました。

 

●健康な被験者がfMRIの下で手で握り締め動作を行ったとき、他の研究と一致し、対側の一次感覚運動野、両側補足運動野、および同側小脳の脳活性化の領域と強度を記録しました。そのため、脳卒中患者でも同様に対側の一次感覚運動野、両側補足運動野、および同側小脳の脳活性化の領域と強度を記録しました。

 

●運動能力では麻痺側上肢を頭上に上げる能力、麻痺側上肢を操作できる速度、指の分離能力、および把握動作能力、つまみ動作、その他の複雑な運動技能のテストを実施しました。

 

結果

 

●5人の患者全員が上記課題において上肢機能の改善を示しました。

 

●運動機能テストのスコアが実施後に大幅な改善を示した。また、対側の一次感覚運動野、両側補足運動野、および同側小脳の脳の活性を記録しました。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●ゲーム自体は遊びで行ったことはあると思うが、治療に活かすとなるとリンクさせる経験をした事が無いのではじめは思考の繋げ方難しいかもしれない。しかし、どのゲームや物をどのように使うと患者にとってどんなフィードバック・成果に繋がるのか考えることに慣れてくると、様々な物品と患者の訓練のリンクをさせる能力が高まり、自然と治療の幅が広がってくると思われる。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み