トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.517.高齢女性の日常生活動作に影響する下肢関節可動域と筋力とは?

Vol.517.高齢女性の日常生活動作に影響する下肢関節可動域と筋力とは?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●高齢女性の日常生活動作に影響する下肢関節可動域と筋力とは?

 

●原著はAssociation of lower extremity range of motion and muscle strength with physical performance of community-dwelling older womenこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●各生活動作において、どの程度の可動域とどのような筋力が必要なのか理解することは重要である。その関係性を学ぶ過程として本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●下肢の可動域(ROM)と筋力低下は、日常生活動作(ADL)を自立できない高齢者の機能障害と関連しています。

 

●研究目的は、7つの下肢のROMと2つの筋の筋力のどの要因が、地域在住の年配女性の身体的パフォーマンスにおいて役割を果たしているのかを決定することでした。

 

 

方法

 

●95人の地域在住の年配女性(平均年齢70.7±4.7歳、年齢範囲65〜83歳)がこの研究に登録されました。 7つの下肢ROM(股関節屈曲、股関節伸展、膝関節屈曲、股関節内外転、足関節背屈、足関節底屈)と2つの筋力(膝伸展と屈曲)を測定しました。機能的リーチテスト(FRT)、5m歩行テスト、four square step tes(FSST)、TUG、および5回立ち上がりテスト(FTSST)を含む物理的パフォーマンステストが実行されました。

 

 

結果

 

●股関節伸展可動域と膝関節屈曲筋力が前方リーチテスト、Four Square Step Test 、5回立ち上がりテストの重要な説明変数であった。

 

●足関節背屈角度と膝伸展力は5m歩行テストTUGの重要な説明変数であった。

 

●足関節背屈可動域はFRTのみの重要な説明変数でした。

 

●股関節伸展・足首背屈と足関節底屈の可動域および膝伸展と屈曲筋力は、地域在住の年配女性の身体的パフォーマンスに主要な役割を果たす可能性があります。

 

●さらなる研究では、年配女性を対象とした特定の介入プログラムが下肢のROMと筋力の改善を達成し、日常活動能力に重要な役割を果たすかどうかを評価する必要があります。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●臨床で各動作において必要な関節可動域・特定の筋活動の理解、そしてそれらが障害を受けたときにどのように補償するか様々なパターンを培っていく事は非常に重要である。関節可動域や筋力から日常生活動作を考える、日常生活動作から患者の問題点を考えるなど双方向の臨床推論は重要で有り、臨床上忘れずに大事にしたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み