1. HOME
  2. ブログ
  3. 上肢
  4. 【2022年版】ミラーセラピーとは?エビデンスはあるの?慢性期の脳卒中片麻痺患者への効果について。
上肢

【2022年版】ミラーセラピーとは?エビデンスはあるの?慢性期の脳卒中片麻痺患者への効果について。

学生さん
学生さん
ミラーセラピーというものをネットで見つけました。色々な疾患の方に応用できるようなのですが、効果はどうなのでしょうか?

学生でも段ボールで作れそうな感じだったので効果があれば実習で提案できないかな?と考えています。


ストロボ君
ストロボ君
確かに、ミラーセラピーが発表されて大分年月も経つので、現場でどのくらい活用されているか気になりますね。

ストロークラボでは自主トレの一環で進めることはあります。

今回は歴史から効果まで紹介させていただきますね。


 

ミラーセラピーとは?

 

 

ミラーセラピー(MT)の原理は、鏡を使って患肢の反射による幻影を作り出し、脳を錯覚させて痛みなく「運動が起こった!」と思わせたり、患肢の運動に対する肯定的な視覚フィードバックを作り出すことです。

 

鏡の後ろに患肢を置き、隠れた患肢の代わりに反対側の患肢が映るように設置します。

 

ミラーボックスは、臨床家がこの錯覚を簡単に作り出すことができる装置です。

 

ミラーボックスは、中央に1枚の鏡がある箱で、その両側に手を置き、患肢を常に覆い、反対側に健側の手足を置いて、鏡に映る手足が見えるようにします。

 

 

 

背景

 

ミラーセラピーは、ラマチャンドランらによって、切断してもなお手足に痛みを感じる「幻肢痛」を緩和する治療法として初めて提案されました。

 

彼らは、幻肢痛の患者が痛みを感じる幻肢の「学習性麻痺:learned paralysis」と呼ばれる状態を解消するために、この技術を最初に考案しました。

 

そして、幻肢の代わりに無傷の手足を映すことで得られる視覚的フィードバックにより、患者は幻肢の動きを知覚することが可能となりました。

 

幻肢痛は、麻痺した手足を動かそうとするたびに、視覚と固有感覚を通じて、手足が動かない事への負のフィードバックが生まれ痛みに変換されていると仮説を立てました。

 

このフィードバックは、ヘッブの法則を通じて脳回路に刻まれ、手足が存在しないのに、脳はその手足(とそれに続く幻影)があると錯覚し、麻痺していることを学習していました。

 

脳を再教育し、それによって学習された麻痺をなくすために、ラマチャンドランはミラーボックスを作りました。

 

 

ヘッブの法則とは?

シナプス前ニューロンの繰り返し発火によってシナプス後ニューロンに発火が起こると、そのシナプスの伝達効率が増強される。 また逆に、発火が長期間起こらないと、そのシナプスの伝達効率は減退するというもの

 

 

患者は片方に良い方の手足を入れ、もう片方に患側を入れます。

 

このとき、鏡に正常な手の動きが映っているので、健側の手を動かすとあたかも患側が動いているように見えるのです。

 

この人工的な視覚的フィードバックにより、患者さんは幻肢を「動かす」ことができます。そして、痛みを伴う可能性のある位置から幻肢を除去することができます。

 

 

 

ミラーセラピーの原理は?

 

これは、手足の位置に関する体性感覚や固有感覚よりも視覚的なフィードバックを優先させるという脳の特性を利用したアプローチです。

 

幻肢痛(PLP)、脳卒中、複合性局所疼痛症候群(CRPS)などの痛みに用いられます。

そして、このアプローチにより潜在的に緩和をもたらすと考えられています。

 

ミラーセラピーは、おそらくミラーニューロンへの効果によって、皮質および脊髄の運動興奮性を高めることが示されています。

 

ミラーニューロンは、人間の脳に存在する全ニューロンの約20%を占めています。

 

これらのミラーニューロンは、左右の区別をする能力を担っています。

 

ミラーボックスを使用すると、このミラーニューロンが活性化され、患部の回復に役立ちます。

ミラーニューロン記事は↓↓↓

 

このシステムは、動きを観察することで、その動きに関わる運動過程を刺激すると考えられています。

 

ミラーセラピー【MT】と運動イメージの背後にあるニューロンメカニズムは異なることが示唆されています。

鏡に映った動きを観察するのではなく、動きを精神的に想像する運動イメージとの類似性が描かれています。

 

しかし、この仮説を支持するエビデンスは、現在のところ不足しています。

 

 

 

エビデンス

 

Chanら(2007)は、22人の幻肢痛(PLP)患者を、ミラーセラピー群、メンタルイメージ群、対照群に割り当てました。

 

彼らは、ミラーセラピー群のすべての患者がPLPの減少を経験したと報告しました。

 

しかし、他の2つの群ではそうではありませんでした。この研究では、潜在的なバイアスを制御しておらず、その方法論も詳しく述べられていないため、その知見の効力は低下しています。

 

2011年、Rothgangelによるミラーセラピーに関する文献の大規模なレビューでは、現在の研究を次のように要約しています。

 

「脳卒中では、追加介入としてのMTが腕の機能回復を改善するという中程度の質のエビデンスがあり、脳卒中後の下肢機能と痛みに関しては質の乏しいエビデンスです。どのような患者がMTの恩恵を最も受けやすいか、MTをどのように適用するのが望ましいかについては、ほとんど分かっていない。介入プロトコルが明確に記述された今後の研究では、標準化された結果指標に焦点を当て、系統的に副作用を登録すべきである」。

 

と述べています。

 

Diers et al (2010) は、ミラーセラピーを一連の治療法に追加して活用すると、単独で適用するよりも良い結果をもたらすようであると述べています。

 

 

RCTでは、複合性局所疼痛症候群(CRPS)およびPLP(幻肢痛)の患者が、Graded Motor Imagery(GMI)として知られる一連の治療法の一部としてミラーセラピーを使用した場合、治療直後と6ヶ月後の両方で痛みの減少、機能の改善を示しました。

 

 

しかし、ミラーセラピーだけでは、幻肢痛の患者の皮質プロセスを活性化することはできませんでした。

 

 

著者らは、ミラーセラピーと運動イメージの基礎となる皮質プロセスを確立し、これらの治療法の最適な適用方法を導き出すために、さらなる研究が必要であると結論づけています。

 

これらの知見は、ミラーセラピーによる疑似運動が皮質を感覚・運動入力をする一方で、四肢の認識、運動イメージを使って皮質ネットワークを徐々に活性化すれば、治療効果が拡大するという示唆を裏付けるものと思わます 。

 

ミラーセラピーに類似する錯覚で「ラバーハンド効果」というものがあります。これに関する詳細は動画で↓↓↓

 

 

ストロボ君
ストロボ君
ミラーセラピーの歴史やエビデンスを述べさせていただきました。次は脳卒中に対する効果を論文で報告させてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●ミラー療法は感覚の感度を高める!?上肢機能に重度障害がある慢性期脳卒中者のミラーセラピー

 

●原著はMirror therapy in chronic stroke survivors with severely impaired upper limb function: a randomized controlled trial.こちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者の上肢麻痺治療に携わることが多い。その中で、重度麻痺患者へのアプローチでの治療選択肢の幅がまだ狭いと感じ、アイデアを増やす学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●ミラーセラピー(MT)は、軽度から中等度の障害を持つ脳卒中患者の運動機能を改善するために提案されています。重度上肢麻痺に関してMTの影響についてはほとんど報告されていません。

 

●研究目的は受動的訓練と比較し、慢性期重度上肢麻痺患者に対するミラーセラピーの有効性を確認することであった。

 

方法

 

●重度の上肢機能障害を伴う慢性期脳卒中患者合計31人は、実験群(N= 15)または対照群(N= 16)のいずれかにランダムに割り当てられた。両方のグループに対して、24回の介入セッションが行われた。各セッションには45分のミラーセラピー(実験群)または受動的訓練(対照群)が含まれ、週3日訓練が実施された。参加者は、Wolf Motor Function Test (WMFT)、Fugl-MeyerおよびNottingham Sensory Assessmentによる介入の前後に評価された。

 

【完全版】ヒューゲルメイヤー評価/上肢編/FMA/fugl meyer assessment/脳卒中↓↓↓ https://youtu.be/kJHzElQSmvM

 

 

 

結果

 

●ミラーセラピーは受動的訓練と同様の運動改善を提供しつつ、指先で軽く触れるライトタッチ(light touch)の感度に肯定的な効果をもたらす可能性が示された。ミラーセラピーは、重度麻痺の慢性期脳卒中者の上肢のリハビリテーションで、 ライトタッチへの感度(light touch sensitivity)の障害への介入手段として有用である可能性がある。 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●ミラーセラピーは重度片麻痺患者のライトタッチの感度を高める事が示唆された。

 

重度麻痺患者では随意運動を行う際に出力過多になる場合もあり、入力が不十分な場合も多い。イメージ段階の練習、感度という面で物に触れる前トレーニングとして有用かもしれない。

 

 

参考論文

 

 

 

1: Moseley, GL (2008), “Is mirror therapy all it is cracked up to be? Current evidence and future directions”, PAIN 138 (1): 7–10

 

2: Ramachandran, V. S (1996), “Synaesthesia in phantom limbs induced with mirrors”, Proceedings of the Royal Society of London (263(1369)): 377–386

 

3: Ramachandran, V. S (1995), “Touching the phantom”, Nature (377): 489–490

 

4: Physiopedia : Mirror therapy 

 

5: Diers, M; Christmann,(2010), “Mirrored, imagined, and executed movements differentially activate sensorimotor cortex in amputees with and without phantom limb pain”, PAIN 149 (2): 296–304

 

6:Rothgangel,S, Braun,S, Beurskens,A, Seitz,R, Wade,D, The clinical aspects of mirror therapy in rehabilitation: a systematic review of the literature, Journal of Rehabilitation Research, 34:1-13,2011

 

 

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS