トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.441.MoCAは歩行能力との相関がある!?認知症スクリーニングスコアと三次元歩行分析による歩行パラメーターとの相関

Vol.441.MoCAは歩行能力との相関がある!?認知症スクリーニングスコアと三次元歩行分析による歩行パラメーターとの相関

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!   

 

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●MoCAは歩行能力との相関がある!?認知症スクリーニングスコアと三次元歩行分析による歩行パラメーターとの相関

 

●原著はThe Correlation between Cognition Screening Scores and Gait Status from Three-Dimensional Gait Analysisこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●認知症患者の数は増え、転倒との関連も言われている。実際、認知症により歩行のどのようなパラメーターに影響を与えるのか学びたいと思い本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●過去数十年にわたり認知機能低下の患者の歩行障害はかなりの注目を集めています。ただし、認知症の歩行障害はしばしば過小診断されます。The Mini Mental State Examination (MMSE)は認知症の最も広く使用されているスクリーニング検査であり、the Montreal Cognitive Assessment(MoCA)は軽度認知機能障害(MCI)のより正確な評価のために開発された。本研究目的は、歩行能力と認知症のこれらのスクリーニング検査のスコアとの相関関係を調査することでした。

 

 

方法

 

●MCI患者18名と初期段階の認知症患者19名を募集した。すべての参加者は、認知症のスクリーニング用に開発されたMMSEおよびMoCAの韓国語版(それぞれMMSE-DSおよびMoCA-K)と認知機能を決定するための神経心理学テストを使用して検査された。

 

● 3次元動作分析装置を使用して、すべての参加者の歩行を客観的に測定しました。スクリーニングスコアと歩行パラメーターの相関を評価しました。

 

 

結果

 

 

MoCA-Kスコアは、歩行速度および歩幅と有意な相関がありました。年齢を調整した後、MoCA-Kスコアは歩行速度と相関したままでしたが、MMSE-DSスコアと歩幅は相関していませんでした。神経心理学テストは、歩行速度と歩幅が記憶と前頭葉機能と有意に相関していることが明らかとなりました。

 

●MoCA-Kは、MMSE-DSよりも認知機能低下のある患者の歩行状態をより正確に反映していることがわかりました。

 

●結果は、MoCA-KがMCIとADを区別でき、歩行状態と前頭葉機能の定量化に使用できることを示しています。天井効果はMMSE-DSよりもMoCA-Kは小さいため、MoCA-Kは歩行状態を決定するためのより良いツールである可能性があります。実際、本研究のMoCA-KスコアはMCI間で大幅に異なりました。MoCA-Kには前頭葉機能を評価するための項目が含まれています。前頭葉の機能、特に実行機能は、人間の歩行パフォーマンスの開始と変調に密接に関連しています。

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●前頭葉機能の低下によりAP方向の動揺が強まるとの論文も以前目にしたことがあるが、歩行速度と歩幅が前頭葉機能と相関する事が示唆された。認知機能低下の早期には,前頭前野の血流低下が関係していると言われ、歩行において前頭前野の血流が増大し歩行速度を増すと優位に増大することを報告されている。歩行速度や歩幅を広げる運動はそのような認知症初期の患者には適しているか臨床で試みていきたい。

 

 

 
 

下肢・歩行のハンドリングに役立つ動画

 
 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み