トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > 高次脳機能障害と歩行障害の関係性とは?:理学療法・作業療法のためのリハビリ論文サマリー vol34

高次脳機能障害と歩行障害の関係性とは?:理学療法・作業療法のためのリハビリ論文サマリー vol34

脳神経系に関連する論文にセラピストの臨床アイデアを加えた情報を定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

カテゴリー

高次脳機能,歩行

 

タイトル

多発脳梗塞状態の患者における高次歩行障害の新しい分類
A new classification of higher level gait disorders in patients with cerebral multi-infarct states👈PubMedへ
Liston R et al:Age Ageing. 2003 May;32(3):252-8

 

内 容

概 要

●多発性脳梗塞という状況は,認知機能の不足による歩行障害を引き起こすかもしれない
●歩行失行や,最近では高次歩行障害と表現される神経学的徴候の欠如において,どこに歩行障害が起こっているのか?
●この文献での著者の仮説は,解剖学的ダメージの場所に基づいて3タイプに分類している

 

(a)ignition apraxia(発火失行?):障害の大部分は補足運動野と関連領野で,外部刺激キューには反応が良い

(b)equilibrium apraxia(平衡失行):障害の大分部は運動野とその関連領野で,外部刺激キューには反応が悪い

(c)mixed gait apraxia(複合歩行失行)

 

方 法

●被検者は,多発性脳梗塞と高次歩行障害が診断された13名の患者(7名:発火失行,6名:平衡失行)と,6名の健常なコントロール群
●各群ともに臨床徴候と歩行パラメーターを測定
●測定条件は,道の上でベースラインとなる歩幅・歩隔・速度などの歩行基準で測られた
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

Fig.1:データ収集の方法

 

結 果

●補足運動野の障害,もしくは関連領野による障害は,内部キューに問題があり,発火失行を呈する
●平衡失行の機能障害の大分部は,運動前野と関連領野による影響が大きいことが示唆
●発火失行の患者の歩幅は小さく,平衡失行患者よりもワイドベースになる傾向にあった
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Fig.2:各失行を呈する患者の歩行における特性

 

明日への臨床アイデア

●発火失行の患者の障害責任部位は,補足運動野と基底核のループにおける障害が考えられる
●平衡失行の患者の障害責任部位においては,感覚野と運動前野のループにおける障害が考えられる
●多発性脳梗塞で平衡障害がある患者は臨床上しばしば経験するが,本文献がエビデンスとして適応できるかもしれない
●発火失行患者は,補足運動野(supplementary motor area:SMA)の障害を主とする運動実行前の頭頂葉皮質へのEfferent Copyが遠隔的に阻害され,運動に対する自己での内部表象が不十分となり,結果wide base gatingや小刻み歩行のような基底核ループ系に問題を抱える患者(Parkinsonなど)と近似した歩行動態をとってしまうことが推測される
●外部刺激への反応性が良いことが明らかになっているとのことだが,問題の本質は内部モデルを構築・更新しながら先行・随伴的に運動実行されていかないことにあるので,あくまでアプローチのFirst Useとしての外部刺激として捉えておき,如何に内部モデルを構築させていくのかを考えながら治療していくことが望ましいのではないか?と感じた

 

 

氏名 匿名

所属 大学病院

職種 理学療法士

経験年数 4年目

 

 

 

STROKE LABコース 募集中

 

 

stroke-lab

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み