トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.536.脳卒中患者に対するボバースコンセプト対通常の運動療法の効果の比較

Vol.536.脳卒中患者に対するボバースコンセプト対通常の運動療法の効果の比較

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●脳卒中患者に対するボバースコンセプト対通常の運動療法の効果の比較

 

●原著はEfficacy of Bobath versus orthopaedic approach on impairment and function at different motor recovery stages after stroke: a randomized controlled studyこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●ハンドリング(技術)を用いた介入の研究にどのようなものがあるか興味があり、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●研究目的は、整形外科患者で実施されるような通常の運動療法とボバースコンセプトによる介入を比較することにより、さまざまな運動段階の脳卒中患者に対するボバースコンセプトによる介入の有効性を調査することでした。

 

方法

 

●脳卒中患者に対する整形患者に実施するような一般的な運動療法とボバースコンセプトによる介入を4週間実施後の比較を行った。

 

●ボバースコンセプトによる介入または一般的な運動療法群にランダムに割り当てられました。

 

●痙縮を伴う脳卒中患者21名と回復段階の脳卒中患者の23人が参加した。介入は4週間行われるボバースコンセプトまたは通常の運動治療プログラムの20セッションを実施しました。主なアウトカムSIAS、MAS、BBS、およびSISでした。

 

 

結果

 

●脳卒中患者に対する整形患者に実施するような通常の運動療法とボバースコンセプトを4週間実施後の比較を行った。結果、痙縮のある患者においてSISの大幅なスコアの改善を示しました。

 

●ボバースコンセプトによる介入・通常の運動療法の両方で痙縮を有する患者は、下肢の運動制御、MASおよびBBSスコアの有意な改善を示しました。ただし、ボバースコンセプトによる介入はより良い筋緊張コントロールとSISの改善をもたらす可能性があります。ボバース群のみが下肢とMASの運動制御に有意な改善を示しました。

 

●自発的回復と組み合わせたボバースコンセプトによる介入又は整形外科患者等で良く実施される運動療法は共に脳卒中患者の機能障害と機能レベルの改善をもたらしました。患者は、運動回復段階に関係なく、ボバースコンセプトによる介入にてMASおよびSISスコアでより改善が見られましたを受けます。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●脳卒中患者では様々な要因でトラブルを生じている。丁寧に仮説検証を繰り返しながら介入する必要がある。自身の動きを随意性・感覚・高次脳・認知と様々な要因で何が正解か分からなくなっている可能性がある。患者に丁寧なハンドリングや種々のフィードバックでその運動を補償してあげることで良質な感覚feedbackを付与することが出来る。正しい運動軌道や感覚をつかめない患者に正しい運動感覚を補償するセラピストのハンドリングは重要と思う。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み