トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > Vol.522.腓腹筋のストレッチは歩行時の筋活動・関節角度に効果があるのか?

Vol.522.腓腹筋のストレッチは歩行時の筋活動・関節角度に効果があるのか?

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

バイオメカニクス

 

タイトル

●腓腹筋のストレッチは歩行時の筋活動・関節角度に効果があるのか?

 

●原著はEffect of stretching on ankle and knee angles and gastrocnemius activity during the stance phase of gaitこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●足関節の背屈のROMは定番と思われる。しかし、実際それがどの程度効果があるのか、疑問い思い、本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●ストレッチは、腓腹筋の伸長性の改善に良く用いられます。その腓腹筋のストレッチが、歩行中の足関節の背屈角度、膝伸展伸展角度、および腓腹筋活動に対して効果を及ぼすのか調査した。

 

 

方法

 

●足関節背屈5度未満の可動域を持つ16人のボランティア(男性9人と女性7人、平均年齢= 27歳)が実験群または対照群にランダムに割り当てられた。

 

●実験群は3週間腓腹筋ストレッチングを行いました。

 

●主なアウトカムは最大足関節背屈角度、最大膝伸展角度および腓腹筋EMG振幅を介入前後の踵接地と踵離地の間で測定しました。

 

 

結果

 

●実験群の方が背屈角度の改善がみられた。踵接地~踵離地間での外側腓腹筋EMG活動において有意な影響はみられなかった。歩行時の足関節背屈角度、最大膝伸展角度も有意な影響は見られませんでした。

 

●ストレッチは、歩行の立脚初期から踵離地で関節角度や腓腹筋の活動を変化させませんでした。

 

●CornwallとMcPoilは、受動的足関節背屈角度が10°以下の被験者は、受動的足関節背屈が15°以上の被験者よりも歩行中に背屈が少ないことを示しました。ジョーダンらは正常な被験者を研究し踵離地時の平均足関節背屈角度が4.0°であることを示しました。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●ストレッチはあくまで筋の伸張できる幅が増えるだけであり、それが運動学習になっているわけではない。新しく獲得した可動域での出力や、動作パターンを練習する必要がある。

 

●また、静的ストレッチでじっくり伸ばす動きと実際の動作上で瞬間的に伸ばされるのでは伸張の意味合いが異なる。どんな瞬間の可動域(その背景の筋活動等を考慮)が求められるのか理解したうえで可動域の獲得を図りたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み