トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 上肢 > Vol.440.脳卒中後の浮腫に効果的な治療法とは?原因は?脳梗塞/片麻痺後の浮腫(むくみ)に対する介入のレビュー

Vol.440.脳卒中後の浮腫に効果的な治療法とは?原因は?脳梗塞/片麻痺後の浮腫(むくみ)に対する介入のレビュー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

 

 

youtube動画浮腫に役立つ動画を解説しています

元サイトで動画を視聴: YouTube.
?rel=0

 

 

浮腫の原因は何か?

 

浮腫とは、体の組織に溜まった余分な水分が原因で起こる腫れである。浮腫は体のどの部分でも起こりえるが、手、腕、足、足首、脚に多く見られることがある。 浮腫は、薬や妊娠、基礎疾患(うっ血性心不全、腎臓病、肝硬変など)の影響を受けることがある。

もちろん脳卒中後の麻痺による不動や自律神経系のトラブルも影響する。

余分な水分を排出する薬を飲み、食事の塩分量を減らすことで、浮腫みが解消されることが多い。

浮腫が脳卒中など基礎疾患の兆候である場合は、その疾患自体の治療が必要となる。

 

・浮腫の症状について

・足や腕などの皮膚直下の組織の腫れや膨らみ

・皮膚が伸びている、または光沢がある

・数秒間押した後、くぼみが残る皮膚

・腹部のサイズが大きくなる

 

・受診のタイミングについて

腫れている、皮膚が伸びている、光沢がある、押した後にくぼみが残る(ピッティング)などの症状がある場合は、医師の診察をおすすめする。息切れ ・息苦しさ 胸の痛み これらは肺水腫の兆候である可能性があり、早急な治療が必要。

 

・浮腫は、以下のようないくつかの薬の副作用としても生じる

高血圧治療薬

非ステロイド系抗炎症薬

ステロイド薬

エストロゲン チアゾリジン系と呼ばれる特定の糖尿病治療薬

 

 ・合併症 浮腫を治療せずに放置すると、以下のような症状が現れる

・痛みを伴うむくみの増加

・歩行が困難になる

・体のこわばり

・痒みや不快感を伴う皮膚の伸展

・腫れた部分での感染症のリスクの増加 ・傷ができる

 

カテゴリー

 

上肢

 

タイトル

●脳卒中後の浮腫に効果的な治療法とは?脳卒中後の浮腫に対する介入のレビュー

 

●原著はRehabilitation Interventions for Poststroke Hand Oedema: A Systematic Reviewこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●受け持ちの患者や他患でも手の浮腫が見られる患者はおり、そういった時にどのような対処が好ましいのか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景・方法

 

●脳卒中後の手の浮腫は、慢性期脳卒中患者の37%、および急性期脳卒中患者の最大18.5%に発生する。

 

●脳卒中後の手の浮腫の管理のためのリハビリテーション介入のエビデンスを検討する。

 

●1999年から2015年の間に英語で発行された電子データベースの研究記事のシステマティックレビューを実施した。

 

圧迫療法Compression therapy

 

●Roperらは、片麻痺患者の実験グループにおいて30秒の膨張と20秒の収縮サイクルで50 mmHgの圧力をかける間欠空気圧迫法で治療した。結果、治療前後で対照群と手の体積に有意な変化はなかったことを示した。

 

●BellとMuller(2013)は、脳卒中後の手の浮腫に対するキネシオテープの使用を評価した。実験群では、キネシオテープが片麻痺患者の上肢に6日間適用された。結果は、実験群と対照群間で手の浮腫の統計的に有意な減少は示さなかった。実験群では、MCP関節と手関節に中~大程度の浮腫の減少が見られた。

 

 

装具療法

 

●3つの研究が、脳卒中後の手の浮腫に対する装具の影響を調査した。ビュルゲらによるRCT研究の実験グループでは13週間のリハビリテーションプログラムに加え、毎日6時間以上の手関節中間位に保つ装具を着用した。手首をサポートしながら、手と指を使用して物を操作できるように設計されていた。手浮腫のアウトカム測定は、テープを使用した周径測定でした。結果は、装具が亜急性期の脳卒中後の手の浮腫に影響を及ぼさなかったことを示した。

 

モビライゼーション

 

●キムらによるRCT研究では脳卒中後の手の浮腫に対するモビライゼーションの影響を調査した。各介入セッションは15分間続き、運動は肩・肘・手首・および手指の各運動が10回行われた。対照群は2週間後に同じプロトコルを受けた。結果は、対照群と比較して実験群で両側上肢の浮腫が有意に減少したことを示した。この研究は、ROMエクササイズが急性期脳卒中患者の浮腫の軽減に効果的であることを示した。

 

 

その他

 

●脳卒中後の手の浮腫に対するレーザー治療の効果を調査した。実験グループでは、肩の痛みを伴う関節と手の背部の腫れの領域にレーザー療法を加え、運動療法と6週間にわたるアイスマッサージを行った。治療の頻度は徐々に減少した。結果は、これらの併用療法により脳卒中後の手の浮腫が大幅に減少することを示した。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

●脳卒中患者においては、過緊張や不動などにより循環障害を引き起こしやすい。また、血管は神経支配を受けており、神経が障害を受けると浮腫を生じる。何由来の浮腫か見極める事は重要である。

●ROM・モビライゼーション+運動の通常行われる介入は浮腫には効果的であることが示されている。セルフケアとして、患者が行いやすいのはお湯をためてもみほぐすなども循環障害からの問題であれば有用なケースは多い。他、キネシオテーピングは皮下に血液やリンパ液の流れるわずかな隙間を作ることで体液の循環改善が期待されると言われる。そのような手法も臨床応用し反応をみていきたい。

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み