トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.629.関節可動域訓練(ROM)が筋力アップに効果的!? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

Vol.629.関節可動域訓練(ROM)が筋力アップに効果的!? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、ROM、筋力

 

タイトル

● 関節可動域訓練が筋肥大に効果的!?

 

●原著はEffects of range of motion on muscle development during resistance training interventions: A systematic reviewこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床で頻繁に行われる関節可動域練習の意味を深めようと思い本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●筋肉の最適化において比較的注目されていない変数の1つは可動域(ROM)です。これは、運動パフォーマンス中に特定の関節で発生する動きの範囲として定義されます。一部の研究者は、エクササイズの価値を最大化するために全可動域のROMによるトレーニングが必要であると提案しています。実際、研究の大部分は、強度の適応がトレーニングされた関節の角度に依存的であることを示しています。したがって、充分な可動域下での筋力の向上を達成するには、トレーニングに関節可動域を含める必要があります。

 

●筋力に対するROMトレーニングによるその効果の変動のエビデンスは説得力があるように見えますが、筋肥大に対するその影響はあまり明確ではありません。部分的または完全なROMを使用したトレーニングが筋肉量の増加に最適であるかどうかについては意見が分かれています。

 

●この記事の目的は、筋肥大の変化に対する動的な長軸方向のレジスタンストレーニング中に、完全なROMと部分的なROMを使用して運動を行うことでの効果の違いに関する文献をシステマティックレビューすることでした。

 

十分な関節可動域練習が筋肥大に与える効果とは?

 

●このトピックに関して実施された研究は6つしか見つかりませんでしたが、それらの方法論の質は「優れている」と分類されていた。

 

●主に、調査結果は次のことを示唆しています。

 

・下肢の筋組織については、完全な範囲でのROMを使用したトレーニングにはメリットがあるようで、4つの研究のうち3つがこのスタイルのトレーニングを支持しています。

 

・上半身については、部分的ROMを支持する利点を示唆する研究と、部分的ROMと完全なROMの両方でトレーニングした場合に筋のサイズの増加を報告する研究があり、エビデンスは決定的ではありません。

 

・研究は一般的に、完全なROMでのトレーニングは、部分的なROMでのトレーニングと同等またはそれ以上の筋肉サイズの増加をもたらすことを示しています。

 

●完全なROMを使用したトレーニングでは、部分ROMを使用したトレーニングよりも高いレベルの筋損傷をもたらすことが示されており、部分的なROMを使用したトレーニングよりも筋サイズの増加を助長する可能性があります。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●関節可動域と筋肥大の関係性はあまり考えたことがなかったため、臨床で意識してみていきたい。筋力トレーニングを行う際に角度依存という側面を考慮する必要性を学んだ。

 

●ストレッチ中もサルコメア全体が伸びるだけでなく、部分的に収縮する部分もある。筋萎縮がストレッチで予防できることも先行研究では示唆されている。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【筋力、関節可動域】関連論文

 

Vol.589.NMESが心不全・COPD患者の筋持久力・筋力に及ぼす影響とは?

 

Vol.497.地域在住の高齢者における握力と全体的な筋力の関係

 

Vol.517.高齢女性の日常生活動作に影響する下肢関節可動域と筋力とは?

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み