トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.497.地域在住の高齢者における握力と全体的な筋力の関係

Vol.497.地域在住の高齢者における握力と全体的な筋力の関係

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●地域在住の高齢者における握力と全身の筋力との関係性とは?

 

●原著はRelationship Between Grip Strength and Global Muscle Strength in Community-Dwelling Older Peopleこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●定期的に握力を測る機会があるが、概ね下肢の左右差と比例しているような印象がある。どの程度相関があるのか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●高齢者の握力と全身の筋力の関連については相関する結果があります。したがって、本研究の目的は、握力と全体的な筋力の間、および握力と個々の体幹、股関節、膝、および足関節の筋力間の関連を決定することでした。

 

方法

 

●150人の平均年齢68歳の男女において手動筋力計および等速性筋力計による体幹、股関節、膝、足関節の筋力を評価し、それと握力の関係を評価しました。握力と全体的な筋間、および握力の強さと各筋間の関連はピアソンの積率相関分析によって決定され、その後性別、年齢、BMI、身体活動レベルおよび併存症の数を調整した多変量線形回帰を用いて関係性を評価した。

 

 

結果

 

高齢者の握力と全体的な筋力間に正の有意な関連が見られた。すべての筋群と握力の間には低から中程度の関連があった。ただし、性別、年齢、BMI、身体活動のレベル、および併存症の数を調整すると関連性がなくなったため、体幹と下肢の特定の筋力を表すために握力を臨床使用することは慎重に行う必要があります。

 

●モデルを調整すると、握力と足関節背屈筋のピークトルクの関係は有意性を失いました。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●例えば、左手で何かに手を伸ばしたり、作業したりする際に、左へのweight shift・荷重が必要な事が多い。そのように文脈上で、片側が繋がっていることで、結果的に筋力が相関してくるという仮説も部分的にあり得る。片側の四肢を強化していく際に、上肢か下肢かどちらかのみを訓練するだけでなく、繋がりを考慮するのも大事と思われる。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み