トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.599.低栄養が筋に及ぼす影響とは!? 脳卒中・脳梗塞リハビリ論文サマリー

Vol.599.低栄養が筋に及ぼす影響とは!? 脳卒中・脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系・栄養

 

タイトル

●栄養状態が筋構造に及ぼす影響とは?

 

●原著はImpact of Nutritional Status on Muscle Architecture in Elerly Patients Hospitalized in Internal Medicine Wardsこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●身体機能を高めていくときに栄養を考慮することは大事であるが、低栄養の際にどのように筋が影響を受けていくのか特徴を十分に理解していないと思い、本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

● 栄養状態の変化は、若年の入院患者よりもむしろ高齢の入院患者に多く見られる。これら患者では、身体能力の低下は筋の退行的な構造的変化の程度と関係している。

 

●本研究では、内科病棟に入院している高齢者の栄養状態と筋の構造的変化との関連を調べることを目的とした。

 

方法

 

● 内科病棟に入院している68名の高齢者を連続的に登録しました。

 

●Mini Nutritional Assessment(MNA)スコアに基づいて、栄養状態が良好な群(WF)、栄養不良のリスクがある群(RM)、栄養不良の群(M)の3群に分けました。

 

●入院時に生化学的指標と体格の測定値を調べました。さらに,入院時と入院から7日後に,筋力(握力テスト),筋の質量(生体インピーダンス測定),構造(外側広筋の超音波検査)を評価しました。

 

 

結果

 

● 入院時には、栄養状態が良好な群とリスクのある群と比べて、栄養状態が不良な群では脂肪を含まない部分の量(無脂肪量)と筋肉量の割合が低かった。

 

●栄養状態が不良の群ではグループは他に比べて、筋肉の厚さと羽状筋の羽状角が小さくなり、筋力低下を示した。

 

●入院時のMNAスコアは、羽状角および筋力と正の相関があった。

 

●多変量線形回帰分析では、入院時の栄養状態が羽状角に影響を与える唯一の有意な因子であることが示された。

 

●最後に、入院後7日間は、調査したすべての群で羽状角の減少が見られた。栄養状態にかかわらず、筋構造は入院によって影響を受ける。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●低栄養は筋力低下だけでなく嚥下障害やADL低下とも関連すると言われる。低栄養状態でのトレーニングはエネルギー不足のために筋を分解しエネルギーを得ようとし、逆効果となる場合がある。入院患者の多くは栄養面にも問題を抱え入院されるため、リハ以前にまずは栄養状態など全身状態を確認して介入していく必要がある。

 

●入院すること自体、筋構造を変化させる可能性が示唆された。基本的な体力はつけられるように介入したい。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中・栄養】関連論文

 

Vol.469.サルコペニア肥満って何?運動および栄養介入がサルコペニア肥満に及ぼす影響

 

Vol.490.サルコペニアについて~メカニズムおよび運動による効果~

 

Vol.526.脳卒中が両側性にサルコペニアを引き起こす!?

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み