トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.540.慢性期脳卒中患者における上腕二頭筋及び上腕三頭筋の筋線維束長

Vol.540.慢性期脳卒中患者における上腕二頭筋及び上腕三頭筋の筋線維束長

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●慢性期脳卒中患者における上腕二頭筋及び上腕三頭筋の筋線維束長

 

●原著はMotor Impairment-Related Alterations in Biceps and Triceps Brachii Fascicle Lengths in Chronic Hemiparetic Strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者では上腕二頭筋・三頭筋の短縮や弱化を多くの人で見受ける。よりこの問題となるポイントの基礎的な背景を学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中後の上肢機能障害は、weaknessや異常な筋シナジーなど、麻痺側上肢の運動障害が原因で日常生活動作に支障を来し、麻痺側上肢の使用に変化をもたらします。

 

●時間が経つにつれ、慢性的な不使用とその結果としての屈曲した肘の姿勢は、上肢の使用を制限し、機能的な可動性に影響を与える可能性のある筋骨格系の二次的な変化をもたらす可能性があります。

 

●研究目的は、慢性期脳卒中患者の麻痺側および非麻痺側上肢の筋線維束長を定量化することでした。片麻痺の影響により、肘を全範囲にわたって積極的に屈曲または伸展する能力が低下し、麻痺した上肢の屈曲姿勢を取りやすくなるため、上腕二頭筋の筋線維束長は比較的短くなると仮定しました。

 

方法

 

●データは、Fugl-Meyer評価スコアによって分類される中等度から重度の機能障害を伴う慢性片麻痺性脳卒中の11人の両上肢から収集されました。

 

●上腕二頭筋(長頭)と上腕三頭筋(外側頭の遠位部)の超音波画像は3つの肘の姿勢での受動的条件下および単一の肘の姿勢での能動的筋収縮中に各被験者の両上肢で観察しました。

 

●上腕二頭筋、上腕三頭筋、および腕橈骨筋のEMGは超音波画像取得中に表面電極(Delsys)を介して監視され、筋が受動状態に対してアクティブでないことを確認しました。

 

結果

 

 

●中等度から重度の慢性期上肢麻痺脳卒中患者において、超音波を利用し、上腕二頭筋(長頭)と上腕三頭筋(外側頭の遠位部分)の筋線維束の長さを測定した。

 

●すべての参加者にわたって、受動的条件下で、麻痺した四肢の上腕二頭筋と上腕三頭筋の両方で有意に短い束が観察されました。

 

●上肢間の平均筋束長の違いは、障害レベルと有意に相関し、より重度の障害のある参加者は、すべての肘の位置で上腕三頭筋と比較して、麻痺側上腕二頭筋の線維束の長さが大幅に短縮が観察されました。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●脳卒中患者では、上肢の障害が重度になるほど、屈筋(上腕二頭筋)の短縮が進行することが示唆された。その背景として、相反筋である伸筋の出力や屈筋自体のコントロール能力の低下(上腕二頭筋と椀頭骨筋との関係なども含め)、それに伴う不活動があると思う。その局所自体、基部となる肩や足腰の安定など臨床で丁寧に評価・介入していきたい。

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み