トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > Vol.458.すくみ足が生じたら固有感覚刺激が効果的?パーキンソン患者のすくみ足に対する振動刺激の影響

Vol.458.すくみ足が生じたら固有感覚刺激が効果的?パーキンソン患者のすくみ足に対する振動刺激の影響

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

パーキンソン病お役立ち動画↓↓↓

 

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●すくみ足が生じたら固有感覚刺激が効果的?パーキンソン患者のすくみ足に対する振動刺激の影響

 

●原著はFreezing of gait in Parkinson’s disease: Evidence of sensory rather than attentional mechanisms through muscle vibrationこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●パーキンソン病患者に対する、視覚や聴覚刺激は利用したことあるが、固有感覚系のfeedbackは実践した事がなく、興味を持ち本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●パーキンソン病のすくみ足の潜在的なメカニズムとして固有受容感覚の統合障害の影響が議論されている。筋振動の影響(固有受容感覚を操作)は、議論の答えを提供することができると考えられる。

 

●研究目的は筋振動による固有受容感覚の操作がすくみ足の程度を軽減できるかどうか調査することであった。

 

 

方法

 

●すくみ足を経験している18人のパーキンソン病患者(14人の男性、UPDRS-III:25.73 + 3.10、年齢:70.71 + 7.77年、MoCA:25.73 + 3.10、2人は認知面の問題があり除外のため16人)は、短い歩幅(15 cm)で歩行した。下腿三頭筋に振動装置を取り付けた。患者は1.振動なし(OFF)2.影響の少ない四肢への振動3.影響の大きい四肢への振動の群に分けられた(すくみ足発生後と発生前からの2条件)。影響の少ない四肢の定義はUPRDS-IIIで特定された臨床評価と非対称性に基づいていた。

 

●FOGの重症度に対する2つの異なる振動刺激の影響を評価することが可能であった。1.最初のすくみ足が発生した時に振動がオンになった。2.「予防的」な振動効果として、すくみ足が始まる前に振動を既にオンとした。すくみ足が観察された試行数に関係なく各条件4つを実行しました。

 

 

結果

 

●パーキンソン病患者の影響の少ない側の四肢への筋振動刺激(固有受容感覚を操作)で刺激なしと比べてすくみ足は大幅に減少し、すくみ足の発生後に筋振動が加えられた場合に減少した。振動を使用した場合の61.82%の試行では、反対側の下肢を使用して次のステップが行われました。結果は、パーキンソン病ですくみ足の根底にある可能性のある感覚メカニズムを認識することの重要性を強調しています。

 

●すくみ足が始まる前に振動刺激が加えられたとき、局所的な振動刺激のプラスの効果は確認されず、予防的戦略としては役立たない可能性があることを示している。

 

● パーキンソン病患者では末梢の体性感覚処理が損なわれていないため、より影響を受けた四肢が刺激された場合、固有受容感覚が注意処理もトリガーする。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●振動刺激は固有感覚受容器を刺激し、感覚入力、反射性の筋収縮を誘発するとされている。今回は、その刺激による固有感覚の入力をサポートしすくみ足を軽減させたとされる。ただし、あくまで即時的効果で、刺激なしの状態になった際の効果は不明である。効果的かは臨床場面で持続的効果を検証する必要がある。しかし、固有感覚情報の統合の面で問題が生じているという点は、臨床で評価介入していきたい部分である。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み