トップへ戻る

お知らせ News & Topics

TOP > お知らせ > 2017.9.23 東京都のねりま健育会病院にて発声/発語・構音に関する講習会を実施してきました。

2017.9.23 東京都のねりま健育会病院にて発声/発語・構音に関する講習会を実施してきました。

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

 

 

地域に根づいたリハビリを提供するねりま健育会病院

 

HPより引用→こちら

 

 

 

発声/発語・構音のメカニズムとは??

 

 

 

というテーマのもと東京都練馬区に新設されたばかりのねりま健育会病院にてスタッフ教育の講習会を実施させていただきました。新設されたばかりの病院とあって院内はとても綺麗,かつリハビリを実施する上での環境が整備されていました.

 

発声/発語,構音というチームリハビリにおいてはSTの関与が大きい内容について,STROKE LAB 石橋がメインでお話しさせていただき,金子・齋藤は評価・実技サポートでした。

 

業務終了後にも関わらず、積極的に講義に耳を傾けて頂きました。

 

発声/発語・構音のメカニズムを把握した上で,”アプローチするにはどうするか?”という視点をもつと,決してSTだけがアプローチする領域というわけではなく,PTやOTも含めた全身的関係の中で協業しながらアプローチする重要性を中心にお話させて頂きました.

 

 

実際にどのような視点で評価すればよいの??

 

 

メカニズムを把握しただけでは評価することは難しいです.実際にヒトの発声や呼吸においてどのような視点・タイミング・パターンを観察から汲み取るのか?のポイントを挙げながら観察していきます.

 

 

観察した事象からなぜそのような発声・呼吸を呈するのかの推察を深めていくために,実際に身体に触れて評価していきます.

 

 

観察から得られる推論はあくまで観察でのレベルです.観察にて推論した内容と実際に触察にて評価してみた推論とは必ずしも合致するわけではありません.脳卒中患者様においても見た目の事象と起きている発声・呼吸の運動パターンのミスマッチは多く存在します.

重要なのは,セラピストがそのミスマッチに遭遇した際に新たな推論をスムーズに構築できるスキルをもっているかが大切です.

 

 

PT/OT/STの職種に関わらず,全身的な視点をもって発声/発語・構音に関わることの重要性について感じて頂きました.

 

 

 

考えてから患者様に触れているか?

 

 

 

発声/発語・構音に問題を抱える患者様に,”頸部が硬いから…”・”腹部が弱いから…”といった目に見えやすいまたは感じやすい身体部位に対して,無意識に触察・アプローチに入っていませんか?

 

確かに発声/発語・構音に関わるであろう身体ポイントではありますが,その目につきやすいポイントは何故そのような状態に至っているのか?という深掘りした推論が必要です.

 

 

 

深掘りした推論をしていれば,自ずとアプローチしていく順番や触れていくポイントも変わっていきます.

 

 

「考えない」ことが習慣化していませんか?

 

 

 

日々の臨床がルーチン化してくると、患者さんをすぐにベッドに寝かせて、ストレッチしたり、繰り返しの立ち上がり、歩行練習になりかねません。これによりセラピストの「思考」が奪われ、それが3年続くと、流れ作業の臨床業務になる可能性があります。

 

セラピストが考えなければ、患者さんも考えない習慣が構築される可能性があります。機能改善の基本は、患者さんのモチベーション、自身の身体への気づき、現状把握、未来志向が重要です。

 

そのためには、セラピストが日々の臨床にモチベーションを持ち、現状の自身の課題を把握し、未来に向かって改善しながら努力し続けることが本質になります。テクニックや知識はあくまでもツールです。

 

技術だけでなく、マインドをお伝えしていくことがSTORKE LABの教育サポートの基本であると考えています。

 

今月10月に齋藤が「姿勢・動作分析の基礎」についてお伝えし,11月に金子が「ハンドリングの基礎・基本」についてお話させて頂く予定です.

 

また報告させていただきます。

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み