めまい・吐き気・前庭機能障害・平衡感覚に対するリハビリテーション・セラピー – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 一般
  4. めまい・吐き気・前庭機能障害・平衡感覚に対するリハビリテーション・セラピー
一般

めまい・吐き気・前庭機能障害・平衡感覚に対するリハビリテーション・セラピー

STROKE LABの前庭リハビリテーションは、前庭の適応と代償を促進するための運動を中心としたプログラムです。

目標は、1)視線の安定性の向上、2)姿勢の安定性の向上、3)めまいの改善、4)日常生活動作の改善です。

前庭系の適応、他の眼球運動系による代償、視覚による代償、体性感覚による手がかり、他の姿勢戦略、慣れという前庭回復メカニズムを促進します。

 

主なセラピーは

①さまざまな身体姿勢や活動を伴う頭-眼球運動

②頭部や体幹のさまざまな向きを伴う支持基盤の減少によるバランス維持

③さまざまな上肢の作業を行いながら,めまいを引き起こす運動を評価し,さまざまな感覚や運動を徐々に経験させることです。

 

患者の年齢、原因、症状の持続期間や強さにかかわらず、病態は安定しているが代償が不十分な前庭病変に適応となります。

運動が毎日数回行われれば、短時間の運動でも前庭の回復を促進するが可能です。

前庭リハビリテーションのための運動は、2つのタイプに分類することができます。

前庭機能低下に対する理学療法と,良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対するセラピーです。

 

STROKE LABのセラピー対象

安定している前庭病変

セラピーは、安定した前庭障害を特徴とし、評価により進行過程の証拠がなく、患者の自然な代償過程が不完全であると思われる状態に適応されます

中枢性病変または中枢性・末梢性混合病変 

安定した中枢神経系病変や中枢と末梢の混合病変を持つ患者を治療対象から除外すべきではありませんが、その予後は安定した末梢障害を持つ平均的な患者よりも制限される可能性があります。

頭部外傷

頭部外傷の患者は、前庭症状による重大な障害に苦しんでいらっしゃる方もいます。

このような患者の状態には、末梢とともに、認知および中枢前庭の病変が含まれることが多いです。

そのため、セラピーは、包括的な頭部外傷プログラムの代償を展開していきます。

心因性めまい

パニック障害やその他の不安障害の患者は、定義が不明確な前庭症状で治療を受けることが多いです。

適切な評価が行われた後、その症状に対する補助的な手段としてセラピーが推奨されることがあります。

不安が軽度の場合、恐怖症の治療における行動的介入として機能します。

不安要素が大きい場合、特にパニック発作が頻繁に起こる場合は、精神医学的な介入も必要となります。

めまいのある高齢者

めまいの症状があり、前庭障害が証明されていない高齢者では、標準的なバランスリハビリテーションに前庭系の特性を活かした視線安定運動を追加することで、転倒リスクがより軽減されやすくなります。

原因不明のめまい

患者の訴えが、中枢性代償が不十分な安定した前庭疾患によるものか、それとも不安定な迷路機能によるものかを判断することはかなりの専門性を必要とします。

広範な診断努力にもかかわらずめまいの原因が明らかにならない患者には、前庭系への物理療法の経験的試みが有用な選択肢となる場合があります。

症状が前庭病変の直接的な結果ではない患者を特定することは、代償的な治療として前庭リハビリテーションの使用を妨げるものではありません。

良性発作性頭位めまい症(BPPV )

ある研究では、体位変換に成功した後のめまいの残存は、BPPV患者の3分の2で観察され、すべてのケースで特に治療をしなくても3ヶ月以内に消失しました。それでも、BPPVの治療後にバランストレーニングが必要な場合があります。

セラピーが適応でない方

メニエール病のように、症状が自発的にしか現れない患者には、効果は期待できません。特に自発的なめまいや平衡障害が月に1回以上発生するような、自発的な平衡障害しかない患者には効果がありません。運動療法中に状態が悪化した患者には、手術などの他の治療法がより効果的です。

STROKE LABのセラピー例

 

視覚や体性感覚による代用 

急性期には下肢からの体性感覚の手がかりに、慢性期には視覚の手がかりに頼りやすいです。周辺の視覚運動(周辺視)の手がかりから生じる視覚入力は、中心視からの入力よりも強力です。視覚依存を助長することは最適ではありません。(例:静止した物体を注視し、歩行中の頭の動きを少なくするように指導する)

姿勢の安定化のために、1) 姿勢感覚系に安定した視覚的参照と体性感覚情報を用いることを学ぶ、2) 残された前庭機能を用いる、3) 効率的かつ有効な代償姿勢運動戦略を見出す、 4) 通常の姿勢戦略を回復すること、が重要です。

 

これらについて、セラピストは前庭欠損が片側か両側か、前庭機能が残っているか、患者が視覚や固有感覚など特定の感覚様式に過度に依存しているか、他の感覚障害があるかどうかを評価する必要があります。

めまいを改善する体操: ①片方の腕を頭の上に上げ、目は上げている手を見て立つ。②前かがみになり、目は手を見続けながら腕を斜めに下げ、手が反対側の足に着くまで下げます。もう片方の腕も同じようにします。プログラムを根気よく続けることができれば、ほとんどの場合、4~6週間以内に体位性めまいは改善する傾向があります。高齢者では効果は遅く、最終的に完全に回復しない方もいます。

 

脳卒中に対する臨床例↓↓↓

 

参考論文

 

Byung In Han et al , Vestibular Rehabilitation Therapy: Review of Indications, Mechanisms, and Key Exercises,J Clin Neurol. 2011 Dec; 7(4): 184–196.
 
Vestibular rehab : https://www.nlbalance.com/vestibular-rehab
CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS