トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > Vol.429.歩行時に足底内在筋は内側縦アーチを補助している!?歩行・ランニング時の足底内在筋の活動

Vol.429.歩行時に足底内在筋は内側縦アーチを補助している!?歩行・ランニング時の足底内在筋の活動

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

バイオメカ二クス

 

タイトル

●歩行時に足底内在筋は内側縦アーチを補助している!?歩行・ランニング時の足底内在筋の活動

 

●原著はActive regulation of longitudinal arch compression and recoil during walking and runningこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●足部から介入することが多々あるが、その際の足部内在筋の扱い方のイメージが不十分であったため、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●人間の足部の縦アーチ(LA)は、周期的に負荷がかかると、それに応じ圧縮および反動する。これは通常、受動的プロセスと考えられてきたが、足部内在筋がLAの制御を積極的にサポートする能力を持っていることが最近示された。アクティブなMTUの伸張は、外部から負荷をかけることで達成され、筋を強制的に伸ばします。この筋の働きは、機械的エネルギー(力)を吸収する働きをします。逆に、アクティブなMTU短縮(または収縮)は、機械的な力を生成します。

 

●ここでは、足部内在筋の母趾外転筋(AH)、短指屈筋(FDB)および足底方形筋(QP)が、足部の負荷に応じ歩行の立脚中に活動的に伸張または短縮するという仮説をテストした。

 

方法

 

●9名の参加者が1.25 m /sで歩行し、床反力計を備えたトレッドミルで2.78および3.89 m /sで走行した。足の運動学から決定される筋腱複合体(MTU)の長さ、および筋電図(EMG)信号は、ウォーキングおよびランニングの試行中に同時に収集され、筋はAH、FDBおよびQPから記録された。EMGの振幅のピークは、各歩行速度で各参加者の立脚中に測定された。

 

●9人の健康な男性(32±5歳の平均±標準偏差;身長:181±8 cm;体重:81±11 kg)が参加した。

 

 

結果

 

●すべての筋は、LAの圧縮中にゆっくりとアクティブに伸張されるプロセスを受けた。その後、推進期に反動で急速に短くなる様子が観察された。MTUの長さおよびピークEMGの変化は、すべての筋において歩行速度の増加とともに大幅に増加した。これは、足部内在筋が足底腱膜と並行して機能し、歩行中に遭遇する力の大きさに応じ足の硬さを能動的に調節するという、最初の生体内における証拠です。これらの筋肉は、足での力の吸収と生成に寄与し、足底腱膜への負担を制限し、効率的な足の接地力伝達を促進する。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●まずは伸びることができる足底筋の長さ、関節の柔軟性が必要で、その上でアクティブに収縮弛緩出来る能力が必要であることが上記論文より示唆される。上記筋は踵から発生しており、踵の運動性と動的場面での安定性も必要と考えられる。

 

 

 
 

内反歩行に役立つ動画

 
 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み