トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 脳科学系 > Vol.417.大腿骨骨折をしやすい脳卒中患者とは?脳卒中者の時間経過・性別・年齢等と大腿骨骨折の関係性

Vol.417.大腿骨骨折をしやすい脳卒中患者とは?脳卒中者の時間経過・性別・年齢等と大腿骨骨折の関係性

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●大腿骨骨折をしやすい脳卒中患者とは?脳卒中者の時間経過・性別・年齢等と大腿骨骨折の関係性

 

●原著はRisk of hip/femur Fracture After Stroke: A Population-Based Case-Control Study こちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中後の骨折の患者様を担当し、どのような方が骨折しやすいのか傾向を学ぼうと思い本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中は股関節/大腿骨骨折のリスクを高めるが、時間経過に伴うリスク増加に関しては不明のままです。

 

●本研究目的は、このリスクを評価し、リスク上昇と時間経過の関係性を調査することであった。

 

 

方法

 

●症例数 6763人は初発の股関節/大腿骨骨折の患者、コントロール群は年齢・性別および地域を一致させた。

 

●股関節/大腿骨骨折のリスクのオッズ比(OR)は、疾患と薬歴に合わせて調整された条件付きロジスティック回帰分析(条件付きロジスティック回帰分析:個人マッチングに基づくオッズ比(OR)の算出のための統計学的モデル。個人マッチングとは、変数をマッチングさせて(例:同じ出生日)、各症例に対し個別的に対照を選択すること。)を使用して導き出された。

 

 

結果

 

●股関節/大腿骨骨折のリスクの増加は、入院日前に時期は関係なく脳卒中を経験した患者で観察された。

 

●骨折リスクは、入院日の3か月前に脳卒中を発症した患者と女性患者で最も多かった 。

 

●リスクは71歳未満の患者でさらに増加した。

 

出血性脳卒中の患者は、虚血性脳卒中患者と比較し、股関節/大腿骨骨折のリスクが高くなる傾向があった。

 

●転倒予防プログラム、骨密度測定およびビスフォスフォネートの使用(骨粗鬆症の治療薬)は、脳卒中リハビリテーション中およびリハビリ後の股関節/大腿骨骨折の発生を減らすために必要な場合がある。

 

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

●女性は更年期になり女性ホルモン(エストロゲンなど)の分泌が急に止まり、骨の中にカルシウムを貯める働きが衰えます。腸からのカルシウムの吸収や尿中への排泄を抑える働きも低下します。その結果、骨粗鬆症となり、男性より骨折しやすい可能性があります。

●心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが骨粗鬆症でない人に比べて骨粗鬆症のある方は3・5倍にもなるという米国でのデータもあると報告されている。更年期を迎えた方は定期的な検査、必要に応じた治療が予防となり得る。

 

●脳卒中後の身体機能面の低下、高次脳等の影響だけでなく、上記のような問題も含まれるため、包括的に予防していく必要がある。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み