トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 手からの感覚入力と姿勢制御

手からの感覚入力と姿勢制御

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 

 
 
 
 
PDFでもご覧になれます。→PDF
 
 

 

 

 

youtube動画手のリハビリに役立つ動画を解説しています

?rel=0

 

 
 

カテゴリー

バイオメカニクス
 

タイトル

下肢の筋が疲労した後に姿勢動揺に対して指の軽い接触が与える影響

Effect of light finger touch on postural sway after lower-limb muscular fatigue.Vuillerme N, Nougier V(2003)
 
 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・足底の感覚の低下や視覚の低下がある患者が姿勢制御を学習する方法として手からの感覚入力を使えないかと考え、この論文を読むに至った。
 

内 容

 

方法

・ 9人の健康な右利きの大学生を被験者とした。
・ 閉眼で両下肢での立位で以下の4つの条件下で姿勢動揺を最小にするように依頼した。
・ 条件は疲労なし/接触なし、疲労なし/接触あり、疲労あり/接触なし、疲労あり/接触あり、の4つ。
・ 接触ありの条件では右前腕を地面と平行にした状態で腰の高さでカーテンに示指の指尖で軽く触れる。左上肢は自然に体側に下垂させる。
・ 疲労なしで接触ありと接触なしの条件をランダムに5回ずつ行い、その後、筋を疲労させた状態での接触ありと接触なしを5回ずつ行った(つまり各条件の合は計20回)。
・ 疲労ありの条件では実験ごとに筋を疲れさせる動作を行い、その直後に実験した。
・ 疲労ありの条件は疲労の限界までつま先立ちさせることで作った。
・ 各条件での姿勢動揺は30秒間フォースプラットホームに乗り、被験者のCOPの移動範囲とスピードを記録することで評価した。
 

 

 
 

結果

・ Figure1は典型的な患者の4つの条件下でのCOPの移動を表している。
・ 軽い接触により疲労なし/疲労ありの両方の条件で姿勢動揺を減少させた(Figure 2)。
・ このように安定させる効果は疲労している際に目立っていた。
・ COPの移動範囲とスピードの両方において軽い接触が疲労による影響を代償する可能性が示唆された。
 
 

私見・明日への臨床アイデア

・足底の感覚が低下している患者や垂直軸が傾斜している患者に手からの感覚入力を行うことは有効な治療になりうると考えられる。また立位での姿勢制御訓練の段階付けとして手からの感覚入力を行う方法も試す価値があると考える。
 
 

職種 理学療法士

 
 

 
 

脳卒中後の手のリハビリに役立つ動画

 
 

 
論文サマリー 一覧はこちら


 
脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら
 
 
 
 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み