トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > 【2022年度版】上腕三頭筋の起始停止・作用は? ストレッチ・筋トレ・リハビリ、痛みの原因まで解説

【2022年度版】上腕三頭筋の起始停止・作用は? ストレッチ・筋トレ・リハビリ、痛みの原因まで解説

学生さん
学生さん
上腕三頭筋が上手に使えるかどうかは移乗など様々な場面で重要と学校で習いました。
ストロボ君
ストロボ君
そうだね。筋の構造や機能を理解するとトレーニングの幅が広がるよ。一緒に勉強していこう!

 

 

概要

 

 

 

上腕三頭筋(triceps brachii)は、上腕の背側にある太くて大きな筋肉です。後面では馬蹄形に見えることが多いです。上腕三頭筋の主な機能は、肘関節の伸展です。

 

上腕三頭筋は、3つの筋頭部または起始(内側頭・外側頭・長頭)が存在し、その名の由来となっています。

 

 

肘関節に関する理解を深めるために以下の動画もご参照ください↓↓↓

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

 

起始・停止・神経・血管支配

 

 

 

●上腕三頭筋長頭

上腕三頭筋長頭
左:後方から見た図、右:前方から見た図
図引用:VISIBLE BODYより

 

 

起始・停止

●起始:肩甲骨の関節下結節

●停止:尺骨の肘頭の後面、肘関節包、前腕筋膜

 

 

作用

●肩甲骨に付着しているため、長頭は肘を伸ばすだけではなく、肩甲上腕関節にも少し作用することになります。

 

●腕を内転させると、上腕三頭筋は上腕骨頭を関節窩に保持するように作用します。この作用により、上腕骨の変位を防ぐことができます。

 

長頭は、肩関節の伸展・内転を助ける働きもします。また、前腕が回外または回内しているとき、外側頭部は肘関節で前腕を伸展させる際に活動します。

 

 

 

 

 

神経支配

●橈骨神経

 

 

●上腕三頭筋外側頭

上腕三頭筋外側頭

左:後方から見た図、右:側方から見た図 

図引用:VISIBLE BODYより

 

 

 

 

起始・停止

●起始:上腕骨後面、橈骨溝より上側

●停止:尺骨肘頭突起の後面、肘関節包、前腕筋膜

 

 

 

 

 

 

作用

3つのうちで最も強い頭部

●前腕が回外したときや回内したときに肘関節を伸展させるために活動します。

 

 

 

 

神経支配

橈骨神経

 

 

 

●上腕三頭筋内側頭

上腕三頭筋内側頭

左:後方から見た図、右:前方から見た図 

図引用:VISIBLE BODYより

 

 

 

 

起始・停止

●起始:上腕骨後面、橈骨溝の下側

●停止:尺骨の肘頭突起の後面、肘関節包、前腕筋膜

 

 

 

 

 

作用

内側頭は肩甲骨に付着していないため、安定化作用でも運動でも、肩甲上腕関節に作用することはありません

●ただし、前腕が回内外したときに、肘関節で前腕を伸ばすために内側頭が活動します。

 

 

 

神経支配

橈骨神経

 

 

橈骨神経

橈骨神経

図引用:VISIBLE BODYより

 

上腕三頭筋の3つの頭部はすべて橈骨神経の4つの枝(C7,C8)によって支配されています。

 

 

しかし、解剖研究によると、上腕三頭筋の内側頭部は尺骨神経に支配されていることが判明しています。

 

 

いくつかの研究では、上腕三頭筋の長頭は、実際には腋窩神経によって支配されていることが明らかにされています。

 

 

 

 

血管支配

筋肉は深上腕動脈の枝から酸素と栄養が供給されています。

 

 

 

 

筋線維の種類

 

 

 

筋組織と神経細胞数から推定した平均神経支配比から、外側頭部は時々強い力を必要とする動作に使われ、内側頭部はより精密で弱い力の動作が可能といわれています。

 

研究によると・・・ 

 

内側頭部は、主に小型のI型筋線維と運動単位で形成されていました(69/Motor Neuron, MN)。

 

外側頭部は、大量の大型のIIb型筋線維と運動単位で構成されていました(179/MN)。

 

長頭部は、よりバランスのとれた線維の種類と運動単位の混合物で構成されていました(99/MN)。

 

 

 

評価

 

触診:

上腕三頭筋の3つの頭を触診するために、患者には高座に座ってもらい、後ろに立ちます。

肘・上腕三頭筋触診

図引用:Wolters Kliwerより

 

内側頭部の触診:

まず、筋を触診するための目印を使用します。この場合、上腕骨内側上顆が目印となります。

 

検査者は3本の指を内側上顆のすぐ上に置き、患者に肘を伸ばすように指示し、体を持ち上げるようにソファに下向きの力をかけます。

 

そして内側頭部を触診します。

 

長頭部の触診:

上腕骨内顆から後方の腋窩までを触診すると、上腕三頭筋の長頭の部位になります。

 

後方の腋窩のすぐ下に、検者は3本の指を置き、患者に肘を下に押しながら伸ばすように指示します。

 

そして上腕三頭筋の長頭を触診します。

 

外側頭部の触診:

外側頭部の触診は、上腕骨軸の中央で後外側へ3本の指を置き、患者に肘を伸ばすように指示します。

 

短縮テスト:

肘関節最大屈曲位にて肩関節を屈曲させ、どれだけ曲がるかを評価します。

 

 

腱反射:

上腕三頭筋反射は、上腕三頭筋腱を鋭く叩くことで誘発され、腕の神経の機能をテストするためによく使用されます。

 

この反射は、脊髄神経C6C7(主にC7)をテストします。

 

 

反射の検査は、患者の肩と肘を90度まで外転させて行われます。

 

次に、肘頭直下にある上腕三頭筋腱を反射ハンマーで叩きます。

 

上腕三頭筋の障害:

腋窩神経の損傷は上腕三頭筋の長頭(Long head of Triceps Brachii muscle, LTB)に影響を与える可能性があります。

 

したがって、腋窩神経損傷のある人は、上腕三頭筋の機能評価を受ける必要があります

 

機能が低下している場合は、予後不良と判断し、3ヶ月での早期修復が勧められています

 

上腕三頭筋は遠位神経移行術で再神経支配を受けることができます。

 

一般的に再神経支配に用いられる神経は、尺骨神経の屈筋支帯と腋窩神経後枝です。

 

これらの神経はいずれも、上腕三頭筋の機能を回復させることが示されています。

 

上腕三頭筋の破裂はまれで、一般的には蛋白同化ステロイド使用者にのみ発生します。

 

また、上腕三頭筋の遠位断裂も比較的まれです。

 

この損傷は、通常、伸ばした手で転倒するか、上腕三頭筋腱を直接打撃することによって起こります。

 

患者は、肘の後部の痛みと腫れ、抵抗に逆らって肘を伸ばすことができない、痛みを伴う破裂の感覚を示した後に来院します。

 

※蛋白同化ステロイド:筋の肥大を促すホルモン

 

 

エクササイズ

 

ストレッチ:

上腕三頭筋は肩関節屈曲・肘関節屈曲位にて伸張されます。

 

上腕三頭筋ストレッチ

図引用:Physio Prescriptionより

 

強化エクササイズ:

上腕三頭筋は、さまざまな方法でトレーニングを行うことができます。

 

上腕三頭筋は、単独で、あるいは複合的な肘の伸展運動によって鍛えられます。

 

また、抵抗に対抗して腕をまっすぐに保つために静的に収縮させることもできます。

 

 

分離した運動:

横向きで行うTriceps Extension、ビハインド・ザ・バック・アームエクステンション、ケーブル・プッシュダウンスタンディング・トライセップス・キックバックなど。

 

●ビハインド・ザ・バックエクステンション

ビハインド・ザ・バック 図引用:skimbleより

 

複合運動:

腕立て伏せ、ベンチプレス、クローズグリップベンチプレス、トライセップスディップス、ミリタリープレスなどのプレス運動。

 

これらのエクササイズは、グリップが近いほど、より上腕三頭筋を単独収縮させます。

 

グリップが広ければ広いほど、胸の外側に効きます。

 

静的収縮運動には、プルオーバー、ストレートアームプルダウンベントオーバーラテラルレイズなどがあり、これらは三角筋と広背筋を鍛えるために使用されます。

 

 

筋膜リリース:

壁とボールなどを使用して筋腹をほぐすような運動が手軽に行えます。

 

STROKE LABでは上腕二頭筋など、その他の筋肉の記事も作成しています。

あわせてご参照ください。

 

 

まとめ

 

上腕三頭筋について学びを深めることができましたでしょうか。

 

解剖学的な位置関係を把握したうえでエクササイズを行っていけるとより効果的かと考えます。

 

💡特にリハビリにおける上腕三頭筋の役割は重要です。

他の様々な筋肉と協働してスムーズなリーチや上肢支持を構築していくことが求められます。

他の筋との関係性も含めて理解を深めていけるとよいかと考えます。

 


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み