トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.533.Berg Balance Scale(BBS) が高齢者の転倒を予測できるか?

Vol.533.Berg Balance Scale(BBS) が高齢者の転倒を予測できるか?

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●Berg Balance Scale(BBS) が高齢者の転倒を予測できるか?

 

●原著はThe Berg Balance Scale as a clinical screening tool to predict fall risk in older adults: a systematic reviewこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床で頻用する評価バッテリーであるが天井効果もある。BBSの転倒予測力を今一度学習するため本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●今回のシステマティックレビューの目的はBBSが高齢者の転倒リスクを予測できるかどうかを検証することでした。

 

方法

 

●Medline、EMBASE、CINAHL、Ageline、Lilacs、Web of Science、Cochrane Library、PEDro等データベースから、(高齢者、転倒、BBS、研究デザイン)というワードを用いて検索しました。方法論の質は、Quality In Prognosis Studies(QUIPS)ツールを使用して評価されました。1047件の研究が見つかり、8件の研究がこのレビューに含まれました。

 

結果

 

●転倒の履歴に関係なく、平均BBSスコアは高かった。スケールに天井効果が存在することが示唆されています。 3つの研究は、45から51ポイントの範囲のBBSのカットオフスコアを示しました。

 

●エビデンスは、個人因子(性別、年齢)と健康状態(視覚および認知障害、合併症、服薬)が高齢者の転倒のリスクを高める要因であることを示しています。

 

●青山による研究では、転倒者(37.9±10.5点)と非転倒者(40.5±8.1点)の両方で、他の研究よりも平均が低く、このパターンとは異なります。 これはこの研究のサンプルサイズが小さく(参加者58人)、平均年齢が高く(80.8±5.7歳)、虚弱で併存疾患が多い可能性のある外来に通う高齢女性のみで構成されていたためと考えられます。

 

●BBSはバランスの問題と転倒のリスクを検出するための最良の選択肢ではないことが示唆されています。使用される様々なカットオフスコアと低い感度は、転倒を予測するためにBBSを使用することを決定する臨床医の能力を妨げます。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●本記事では、BBSが転倒を十分に予測する良い評価ツールではないことを示唆しています。カットオフを越えるような患者であれば、LABでも紹介しましたMini BEStestなどをおすすめします。時間的には患者にもよりますが20~30分ほどで実施可能と思われます。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします

ひん


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み