トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.509.脳卒中患者のフィットネストレーニング効果のレビュー

Vol.509.脳卒中患者のフィットネストレーニング効果のレビュー

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

 

原著はPhysical fitness training for stroke patientsこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者のフィットネストレーニング効果のレビュー

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中後の体力レベルは低い方多いです。脳卒中後の体力を改善することで障害が軽減されるかどうかは不明な状態です。

 

●脳卒中後のフィットネストレーニングが死亡率、介護依存および障害を軽減するかどうかを判断し、有害事象、危険因子、体力、移動能力、身体機能、生活の質、気分および認知機能に関するトレーニングの効果を評価することでした。

 

 

方法

 

●①心肺トレーニングとコントロール群②レジスタンストレーニングとコントロール群③混合(心肺・レジスタンス)トレーニングとコントロール群の比較をし、介入の終了時とフォローアップ終了時でそれぞれ評価している文献を収集しレビューする。

 

 

結果

 

●心肺トレーニングと、程度は少ないが混合トレーニングは、通常の脳卒中ケア中またはその後の障害を軽減します。これは、移動能力とバランスの改善によって媒介される可能性があります。

 

●通常の脳卒中リハと心肺トレーニングとの混合トレーニングは、脳卒中患者の歩行速度及び歩行能力を高めるのに効果的です。

 

●身体機能、可動性の改善には「タスク関連」のトレーニングが有効的である可能性がある(2015年2月に検索を参照)

 

●レジスタンストレーニングの使用をサポートするには証拠が不十分です。

 

●脳卒中後の死亡率と介護依存に対するトレーニングの効果はまだ不明です。これらの研究結果は体力トレーニング試験ではめったに観察されません。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●退院後の生活をしていく上で一定基礎体力・筋力は必要である。仕事をしていく、屋外での活動を積極的に行う方は、かなり目標を高く引き上げていく必要がある。本論文では解説されていないが、レジスタンストレーニングによる筋力強化は、歩行速度などより速い動きやダイナミックな活動を必要とする方は特に必要な印象である。本人にとってのフィットネスの最低限の基準を見直す必要があると臨床において感じる。

 

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み