トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 神経系 > vol.318:筋紡錘の加齢変化

vol.318:筋紡錘の加齢変化

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 

 
 
 
 
PDFでもご覧になれます。→
PDF
 
 
 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

体性感覚器の加齢:翻訳的視点

Aging of the somatosensory system: a translational perspective.👈PubMed Shaffer SW Phys Ther. 2007 Feb;87(2):193-207. Epub 2007 Jan 23.


 
 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

筋紡錘の加齢による変化を知りたかったため、本論文を読もうと思った。
 
 

内 容

筋紡錘 構造と機能

図:筋紡錘 Shaffer SW (2007)より引用

 
 
・筋の伸張を感知する器官で、筋の長さと収縮の速さの情報を脳に送る。
 
・結合組織と錘内線維で構成されており、錘外線維と平行に配列されている。
 
・錘内線維は核袋線維と核鎖線維で構成されており、付着部の錘内線維は収縮組織、中央は非収縮組織である。
 
・核袋線維、核鎖線維はIa群線維、Ⅱ群線維と通して感覚情報を脳へ送っている。
 
・γ運動ニューロンは錘内線維の収縮組織を収縮させ、伸張に対する感度を調整している。特に筋が短くなった際に働く。
 
・筋紡錘からα運動ニューロンへの信号は単シナプス性の伸張反射となり、一方で脊髄介在ニューロンを経由し他の筋を促通、抑制することで協調的な運動を可能としている。
 
・α、γ運動ニューロンは関節・皮膚受容器、脊髄介在ニューロンからの統合された情報も受けている。
 
 

筋紡錘 加齢変化

・ヒトの遺体を用いた研究では、筋紡錘細胞膜の肥厚と錘内線維の減少が認められた。また、軸索の球状浮腫、運動終盤の拡大、脱神経による筋紡錘の変形がみられた。
 
・他の研究では三角筋、短指伸筋に筋紡錘直径の減少があり、加齢とともに径の減少がみられたが、大腿四頭筋、上腕二頭筋には見られず、径の減少は部位特異性があると示唆された。
 
・また、上腕二頭筋を調べた研究では錘内線維、核鎖線維の減少がみられた。一方で核袋線維に減少はみられなかった。この研究から加齢により静的な筋の長さ感知(一定長にある筋の長さを知覚する)に影響がでるのではと筆者の意見があった。
 
・ラットを用いた研究では、筋紡錘の静的、動的感度は加齢とともに減少することがわかった。
 
 

私見・明日への臨床アイデア

・筋紡錘の加齢変化について調べた。高齢者のバランス低下の一因を知ることができた。筋によっては加齢変化が少ない可能性が示唆されており、その違いがどこから来るのか興味深かった。
 
 

職種 理学療法士

 
 
 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 
 
 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み