トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.154:顎と姿勢制御の関係とは 脳卒中/ 脳梗塞リハビリ論文サマリー

vol.154:顎と姿勢制御の関係とは 脳卒中/ 脳梗塞リハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

Current

    STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!  
 
 
 
    PDFでもご覧になれます。→
PDF   
  
 

カテゴリー

バイオメカニクス
 
 
 

タイトル

顎と姿勢制御の関係とは?Effect of three different jaw positions on postural stability during standing👈PMCへ Ahmad H. Alghadir et al.(2015)
 
 
 

本論文を読むに至った思考・経緯

•顎関節~肩へ問題を抱える患者を担当しており、その学習の一助として本論文に至る。
 
 
 

論文内容

論文背景

•先行研究では、顎関節および頭頚部が解剖学的、生体力学的および神経学的に関連していることが示されている。また、顎関節および頚部~肩の複合体は協調的に働くことが観察されている。
 
•自発的に歯を食いしばる事は、様々な運動課題のパフォーマンスを高める、手のグリップなど他部位の筋活動を増加させることが示されている。
 
 
 

研究目的

•研究目的は、健康な成人において顎関節の状態を変化させることで姿勢制御がどのような影響を受けるのか効果を研究することであった。
 

研究方法

•健常男性116名(年齢平均31歳)が研究に参加した。

i) resting jaw : 安静時、指示が出されていない自然な状態

ii) open jaw : 口を少し開いた状態

iii)clenched jaw: 口が閉じられ、歯を少し食いしばった状態

の3つの試験位置で行われた。その間、50×50×15cmの発泡体の上で静止立位を取り重心位置(COG)速度を比較した。

開眼・閉眼の条件も付加されている。
 
 
 

研究結果

11111

•「clenched jaw 歯を食いしばった状態」のCOG速度は、open jawおよびresting jawと比較して有意に減少した。これは、顎の感覚運動システムが姿勢機構を調節できることを示唆している。
 
• 開眼状態では、安静時と比較してopen jawにおいてCOG速度が9%減少し、clenched jawでは16%減少した。
 
• 閉眼状態では、安静時と比較してopen jawにおいてCOG速度が14%減少し、clenched jawでは25%減少した。
 
 
 

結論

•本研究はclenching(食いしばり)は視覚入力の有無に関わらず不安定面に立つ際の姿勢の安定性を高めることが出来、姿勢不安定患者の治療およびリハビリにおいて「顎」について考慮すべきであると結論する。
 
 
 

興味深い内容

• オクルーザルスプリントを装着することで姿勢を変えることができ、咬合治療によって咀嚼筋の再平衡が誘導され、身体姿勢が改善されることが報告されている(Bracco et al .2004) 。
 
• 歯の咬合は、ヒラメ筋および前脛骨筋のH反射を促進し、H反射の促進の程度と咬筋の筋電図活動の程度との間に正の関係が報告されている(Takada et al.2000)。

私見・明日への臨床アイデア

• 本研究では、clenched jawだけでなく、open jawでも安静時より姿勢をコントロール出来ている。open jawも顎周囲の筋活動が得られている状態である。「顎」の感覚運動系が姿勢制御に重要な役割を果たすことを示唆している。
 
•  三叉神経、舌、顎-頭頚部-肩の複合体は姿勢制御に関与していると報告されている。より継続的に理解を深めていきたい。
 
 
 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


 
 
 
 
 


無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み