トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 【最新版】腱反射の目的・メカニズム理解してますか?年齢・叩打角度・性別との関連性とは

【最新版】腱反射の目的・メカニズム理解してますか?年齢・叩打角度・性別との関連性とは

学生さん
学生さん
実習で腱反射を練習させて頂いてんですが、その背景を全然イメージできなくて・・

 

ストロボ君
ストロボ君
反射は神経系の経路の中で最もシンプルな部分だね。なぜ、腱反射が亢進・減弱する背景は知っておいた方が良いね!

 

 

脊髄反射・反射弓

 

反射とは、刺激に反応して起こる不随意でほぼ瞬間的な動きのことです。反射は刺激に対する自動的な反応であり、反射弓を通じて起こるため、意識的な思考を必要とすることはありません。

 

反射弓は、そのインパルスが脳に到達する前にインパルスに作用します。

 

深部腱反射の反射弓

 

反射弓には次のようなものがあります。

 

単シナプス性」とは、感覚神経と運動神経の2つの神経細胞のみを含むものです。ヒトの単シナプス性反射弓の例として、膝蓋骨反射とアキレス腱反射、いわゆるストレッチ反射があります。

 

多シナプス性」:反射経路の感覚ニューロンと運動ニューロンの間でインターフェースとなる複数の介在ニューロン(リレーニューロンとも呼ばれる)を含みます。

 

 

反射の種類

表在反射:足底反射、腹壁反射、角膜反射など

深部反射:上腕二頭筋、上腕三頭筋、膝蓋腱反射、アキレス腱反射など

 

 

 

深部腱反射テスト

 

元サイトで動画を視聴: YouTube.

FMA内で腱反射について解説しています。

 

意義:求心性神経、脊髄内のシナプス結合、運動神経、下行性運動経路を評価します。

 

下位運動ニューロンの病変(例えば前角細胞、脊髄根、末梢神経に影響する)は反射を低下させ、上位運動ニューロンの病変は反射を増加させます。

 

検査する反射には以下のものがあります。

 

 

反射の検査の種類

●上腕二頭筋(C5とC6に支配される)
●上腕橈骨筋 (C6による)
●上腕三頭筋 (C7による)
●遠位指屈筋(C8による)
●大腿四頭筋の膝蓋腱(L4による)
●アキレス腱(S1による)
●下顎反射(第5脳神経による)

 

検査で留意したい点

 

・検査する筋群はニュートラルな状態でなければなりません(すなわち、伸張も収縮もしない状態です)。

 

・検査する筋に付着している腱を明確に識別することが重要です。

 

 

・打鍵器で腱を容易に叩ける位置に四肢を置きます。

 

 

・腱の位置を確認するために、患者に腱が付着している筋肉を収縮させてもらいます。筋肉が収縮すると、腱のような紐が見え、感触も感じられるようになり、腱の正確な位置が確認できるはずです。

 

・腱を1回、勢いよく叩きます。痛みがあってはいけません。

 

・この評価システムは、かなり主観的なものです。

 

 

 

 

反射の結果

・0 収縮の証拠なし
・1+ 低下しているが、まだ存在する(反射低下)。

反射の減退は一般に下位運動ニューロン(脊髄から筋肉に至るα運動ニューロン)の欠損と関連しています(例:ギラン・バレー症候群)。

・2+ 正常

・3+ 超正常(反射亢進)

反射亢進は、しばしば上部運動ニューロン障害に起因するもので、例えば多発性硬化症などで観察されます。

・4+ クローヌス:1回の刺激で繰り返し筋肉が短縮することです。

非対称的な増加または減少に注意します。ジェンドラッシク法とは、両手を合わせ、下肢の腱を叩きながら勢いよく引き離す、あるいは上肢の腱をテストしながら膝を互いに押し合うといった方法で、低活性反射を増強するために使用されます。

 

 

 

病的反射テスト

 

病的反射(バビンスキー、探索、把握など)は、原始的な反応への回帰であり、皮質の抑制が失われていることを示しています。

 

その他の反射

 

クローヌス(突然の受動的腱伸張による筋肉の収縮と弛緩のリズミカルで急速な交替)検査は、足首を急速に背屈させることで行われます。

 

クローヌスが持続する場合は、上部運動ニューロン障害を示します。

 

表在反射の意義

 

腹壁反射:腹部の周囲をなでると刺激され、中枢神経系病変のレベルを判断するのに役立値ます。

 

角膜反射:綿棒で角膜を優しくなでると誘発されます。この反射は主に、三叉神経(V)または顔面神経(VII)のいずれかの神経が末梢で損傷すると、角膜の瞬目回路が中断されることを知るのに役立ちます。

 

足底反射:異常反射は、分節反射より上流の皮質脊髄系に代謝的または構造的な異常があることを示す。

 

ストロボ君
ストロボ君
それでは論文でより深く学んでいこう!!

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

膝蓋腱反射と年齢・叩打角度・性別との関連

Influence of Age on Patellar Tendon Reflex Response.?PMC Annapoorna Chandrasekhar et al.(2013)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・神経学的評価として腱反射は良く用いられる手法である。その解釈を深めたく本論文に至る。

 

内 容

 

目的

 

・個人の神経学的状態を評価するために一般的に使用される臨床評価に腱反射がある。本研究では、年齢が膝蓋腱反射の応答の大きさに及ぼす影響を調べることを目的としている。

 

方法

 

・40人の健常者(19名の男性と21名の女性)がこの研究に参加した。グループ1(26-38歳)、グループ2(39-51歳)、グループ3(52-64歳)の3つの異なるグループに分類された。

 

・膝蓋腱反射は、左右の膝蓋腱の両側で3つの異なるタッピング角度およびJendrassik操作を用いて誘発された。

 

・16の反射マーカーを被験者の下肢に取り付けた。

・タップ間に最低5秒間の最低休止時間が設けられた。

 

・異なる年齢群、性別、および左右の膝蓋腱反射応答を比較した。

 

結果

 

・この知見は、年齢は反射応答の大きさに重大な影響を及ぼすことを示唆している。

・45°の角度は、反射応答における年齢に関連する差異を検出するために反射が誘発され得る理想的なタップ角度であり得る。Thamらは(2013)はまた、膝蓋反射を引き出すために最適なタップ角度として45°または60°のいずれかを推奨した。したがって、この研究の知見は、年齢に関連する差異を検出する反射応答を誘発する理想的なタッピング角として45°の角度を支持する。

 

・全体的に、左右の反射応答に有意差は見られなかったが、右側の反射応答はわずかに高かった。

 

・すべての叩打角度で男性と女性の間の反射反応に有意差がないことを示された。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・腱反射は、急な外力によって筋が損傷するのを防ぐための生理的な防御反応であると言われる。この反射の意味(反射応答が過剰または消失の場合)を考え動作と関連付けたい。また、脳卒中後などでは、予測や経時的変化として役立てていきたい。

 

 

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

臨床の結果に悩んでいませんか?脳科学~ハンドリング技術までスタッフ陣が徹底サポート

 

 

厳しい採用基準や教育を潜り抜けた神経系特化セラピストがあなたの身体の悩みを解決します

 

 


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み