トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.631.慢性期脳卒中患者の運動が骨格筋に及ぼす効果とは? リハビリ論文サマリー

Vol.631.慢性期脳卒中患者の運動が骨格筋に及ぼす効果とは? リハビリ論文サマリー

慢性期脳卒中患者の骨格筋に及ぼす運動の効果

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、運動

 

タイトル

●慢性期脳卒中患者の運動が骨格筋に及ぼす効果とは?

 

●原著はSkeletal muscle changes after hemiparetic stroke and potential beneficial effects of exercise intervention strategiesこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●運動が骨格筋に与える影響について基礎をもう一度学びたいと思い本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●骨格筋の異常と脳卒中後の臨床的な関連性に関する文献は不足しています。従来の脳卒中リハビリテーションの大部分は亜急性期に実施されます。脳卒中後の定期的な運動を促進するエビデンスに基づく推奨事項はほとんどありません。さらに回復期に実施される従来の理学療法は、脳卒中後の潜在的な骨格筋の異常または体調不良を逆転させるのに十分な運動刺激を提供しない可能性があります。骨格筋は、脳卒中後の運動またはリハビリテーションの潜在的なターゲットとして体系的に追求されていません。

 

●この記事では加齢、不活動および脊髄損傷(SCI)後の体組成と筋構造と機能の変化に関する現在の知識の概要を説明します。

 

内容

 

図引用元:Skeletal muscle changes after hemiparetic stroke and potential beneficial effects of exercise intervention strategies

 

●動物モデルと臨床データは、廃用と異常な神経支配の両方が筋萎縮・収縮性タンパク質の発現の変化および反対側の四肢の骨格筋の炎症の二次的な生物学的異常のような異常を引き起こす可能性があることを示しているが、脳卒中後のそれらの存在と運動による改善の可能性についてはほとんど知られていません。

 

●機能的電気刺激はSCI患者の速筋MHC表現型への移行などの骨格筋の変化を誘発する可能性があります。経頭蓋電気神経刺激は、H反射反応を改善し、脳卒中後の痙縮を軽減し、タスク関連のトレーニングと組み合わせて、歩行機能を改善することができます。最後に医薬品は骨格筋を標的にすることもできます。

 

●有酸素および抵抗運動トレーニングは慢性期脳卒中患者にとって有益であることが証明されています。これらの運動戦略にはトレッドミル、ロボット支援歩行、筋力トレーニングが含まれます。

 

●運動は脳卒中後の骨格筋のレベルで多くの有益な効果をもたらす可能性があります。身体の不活動に関連する変化を防ぐことができます。非神経学的集団および動物モデルでの運動はミオシン発現の変化を通じてサルコペニアを予防または遅延させ、筋量および筋力の喪失を減らすことができます。

 

●虚弱な高齢の骨格筋におけるTNF-α(腫瘍壊死因子)タンパク質とmRNA(メッセンジャーRNA)の上昇は筋力トレーニングで減少させることができます。

 

●有酸素運動は、筋細胞と筋線維を筋損傷から保護し、筋パフォーマンスを改善し、筋疲労を遅らせる骨格筋の適応を生み出すことができます。

 

●本研究や他の研究では課題指向トレーニングモデルとしてのトレッドミル有酸素運動が慢性期脳卒中患者のフィットネスと運動機能を改善することを報告しました。結果は、トレッドミル運動が慢性期脳卒中患者のフィットネスと運動機能レベルを改善するための「従来のリハビリテーション療法」のコンポーネントを備えたプログラムよりも優れていることを示しています。

 

●有酸素運動は「神経学的に無傷の」筋に分子変化を引き起こし、速筋から遅筋へのMHC(ミオシン重鎖)繊維の変換を促進します。トレッドミル運動はMHC発現に有意な影響を及ぼしました。総MHC濃度と対側下肢の遅筋および速筋のMHCアイソフォームの割合は6か月のトレッドミル運動後に有意に増加しました。

 

●骨格筋の構造と機能を改善する種々のリハビリテーションの理解が深まるにつれて、脳卒中後の筋骨格系の障害に処方するプロトコルが整うことが期待されます。

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

●骨格筋の線維のタイプは大きくTypeⅠ線維とTypeⅡ繊維に分類される。この分類はミオシン重鎖(MHC)分子によって収縮・化学的特性が決定される。TypeⅠ線維はMHCⅠが、TypeⅡ線維はMHCⅡが発現する。長時間の低強度の運動は筋線維型を速筋から遅筋線維に変化させる可能性がある。

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中、運動(トレーニング)の効果】関連論文

 

Vol.619. 慢性期脳卒中患者の上肢の筋緊張亢進と運動機能の関係性 リハビリ論文サマリー

 

Vol.613.トレッドミル中の下肢への抵抗運動が脊髄損傷(SCI)患者の歩行に及ぼす影響

 

Vol.570.脳卒中患者の運動単位の選択的な喪失  脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

Vol.613.トレッドミル中の下肢への抵抗運動が脊髄損傷(SCI)患者の歩行に及ぼす影響

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み