トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.593.脳卒中後の回復過程は部位によって異なるの??

Vol.593.脳卒中後の回復過程は部位によって異なるの??

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

脳科学

 

タイトル

●脳梗塞後の機能的回復は体幹・上肢・下肢で時間経過が異なる??

 

●原著はTime course of trunk, arm, leg, and functional recovery after ischemic strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●治療を進めるうえで、タイトルにあるように単純に部位によって回復過程が異なるか疑問を持ち、丁度同じようなタイトルの論文を見つけ読むに至った。

 

内 容

 

背景

 

●回復のパターンは時間の経過に伴う身体的回復の可能性、リハビリテーションプログラムの現実的な目標の設定をするにあたっての有用な情報を提供します。今回の研究目的は体幹の回復の時間経過を、上肢、下肢および機能的能力の回復のパターンと比較することでした。

 

方法

 

●脳卒中患者は2つの急性期病棟で募集されました。参加者は、脳卒中後1週間、1か月、3か月および6か月で評価されました。

 

●患者は体幹障害スケール(TIS)、FMAの上下肢テストおよびBIで評価されました。

 

結果

 

●発症後1週間から1か月間で最も顕著な改善を示し、脳卒中後1か月から3か月までの間で有意な改善を示しました。発症後3〜6か月間に有意な改善は見られませんでした。

 

●統計分析では体幹、上肢、下肢および機能回復の時間経過に有意差は見られませんでした。

 

●結論は脳卒中後の運動および機能回復パターンの個別的な分析から回復のために初月の重要性を確認しました。一般的な考えに反して、体幹の回復の時間経過は、上肢、下肢および機能的能力の回復に似ていました。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●部位による障害の差はあれど、その回復に要する時間経過は類似することが示された。その経過では回復のしやすい時期と回復が進みづらい時期が示されている。発症後早期は出来る限り発症前を目指して介入するなど時間経過を意識した治療の組み立てが重要である。

 

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中・回復過程】関連論文

 

Vol.568.手指伸展機能の回復と把持動作(grasp)の関係性とは? 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

vol.325:脳卒中後の回復過程における脳波検査   脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

 

Vol.413.脳梗塞後の回復における睡眠の役割とは?睡眠と認知機能の改善との関係性

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み