トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.583.日常生活における膝深屈曲の重要性 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

Vol.583.日常生活における膝深屈曲の重要性 脳卒中/脳梗塞リハビリ論文サマリー

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系、脳卒中、日常生活動作

 

タイトル

●脳卒中患者が日常生活上における膝深屈曲の重要性

 

●原著はImportance of squatting and sitting on the floor: perspectives and priorities of rural Indian patients with strokeこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者における各関節のコントロールできる可動域と日常生活動作の関係性に興味を持ち、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中リハビリテーションにおけるリハビリテーションの結果とケアの質を最適化するには、患者が好んで評価する活動を特定することが不可欠です。

 

●日常生活において、しゃがんだり床に座ったりするような膝の深屈曲(DKF)活動は日常的に良くに行われる動作です。脳卒中患者においてその重要性を調査した研究はほとんどありません。

 

●研究目的は成人脳卒中と診断された患者の日常生活を行う上で、しゃがんだり床に座ったりすることの重要性を特定すること。

 

 

方法

 

●インドの脳卒中患者123名を対象にアンケートを実施した。

 

●すべての患者は、セルフケア、移動、家庭生活、仕事、地域社会への参加に関連するさまざまな日常活動を行う上での膝の深屈曲活動の重要性を評価するように求められました。

 

 

結果

 

●参加者の68%が膝深屈曲活動を日常生活上で非常に重要であると評価しました。

 

●トイレ(78%)、入浴(68%)、食事(68%)、祈り(54%)、仕事(51%)は膝深屈曲活動が男性と女性の両方から非常に重要であると評価された活動でした。しかし、男性に比べて女性の割合が高いため、料理、布の洗濯、家の掃除などの家庭生活活動が非常に重要であると評価されました。

 

●脳卒中患者のかなりの割合が、膝深屈曲活動が主要な日常活動を行うために非常に重要であると特定したため、しゃがんだり床に座ったりする独立したパフォーマンスは、脳卒中患者の重要なリハビリテーション目標の1つと見なす必要があります。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●膝の深屈曲運動は下肢全体の可動域、自重を保持できる下肢体幹の筋出力とバランスが必要である。特にしゃがんだ状態ではCOP前足部に特に非麻痺側に集中し、静止・上肢の動きに伴う姿勢変化を制御する必要がある。非麻痺側の足部上でCOGをどうコントロールするかの指導が重要である。

 

 

執筆監修|金子 唯史 STROKE LAB代表

・国家資格(作業療法士)取得

・順天堂大学医学部附属順天堂医院10年勤務

・海外で3年に渡り徒手研修修了

・医学書院「脳卒中の動作分析」など多数執筆

 

併せて読みたい【脳卒中、日常生活動作】関連論文

 

Vol.517.高齢女性の日常生活動作に影響する下肢関節可動域と筋力とは?

 

ADLと動作分析 神経システム-脳卒中の動作分析④-理学療法,作業療法評価

 

Vol494.急性期脳卒中患者の移動やセルフケア能力の向上に関連する要素

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み