トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.534.パーキンソン病患者の座位の不安定性と体幹の姿勢制御

Vol.534.パーキンソン病患者の座位の不安定性と体幹の姿勢制御

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●パーキンソン病患者の座位の不安定性と体幹の姿勢制御

 

●原著はPostural control of the trunk during unstable sitting in Parkinson’s diseaseこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床において、ここ数週間で数名のパーキンソン病患者様と関わり、十分にその姿勢制御のメカニズムを理解できていない部分があったと思い、学習の一助として本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●姿勢の不安定性と転倒は、パーキンソン病(PD)の主要な可動性の問題であり、生活の質に大きな影響を及ぼします。 PD患者の最大70%が毎年転倒しており、13%が週に1回以上転倒すると推定されています。特に上半身は総体重の3分の2を占めるため、体幹の動きを適切に制御することは、姿勢の安定にとって非常に重要です。

 

●PD患者の動作能力の低下の約75%は、振り返る、立ち上がる、前屈するなどの日常生活動作の実行中に体の質量を制御できないために発生することが示唆されています。追加のエビデンスが動的体幹制御がPD患者で変化することを示唆しているので、最近の転倒の有無にかかわらず、PD患者の下肢を姿勢制御への関与から分離し動的体幹制御を研究することが決定されました。

 

 

方法

 

●パーキンソン病(PD)でよく見られる姿勢の不安定性と転倒は、体幹制御の変化に関連しています。この研究では、5回の試行で最大15秒間、半球体が取り付けられた不安定座面でバランスをとる動的な体幹制御を調査しました。

 

●転倒歴のある8人のPD患者、転倒歴のない8人、および一致した8人の健康な被験者を比較しました。

 

 

結果

 

●バランスを取り始めから課題を遂行できた試験数とバランスを崩すまでの時間は、健康対照群と比較しPD患者で有意に低かったが、転倒歴のあるPD患者は転倒歴のない患者よりも有意に成績が低かった。

 

●COP特に内外側の振幅の少なさ・遂行可能時間は健常者>転倒歴なし患者>転倒歴ありであった。パーキンソン病患者は動揺は多きかったが、COPの動きと体幹の動きの両方が小さかった。

 

●結果は、体幹制御がPDで影響を受けることを示しており、これらの変化が姿勢の不安定性と転倒リスクに関連している可能性があることを示唆しています。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●パーキンソン病患者では背筋(伸筋)よりも屈筋が働きやすく、多裂筋など深層背面筋の知覚・活動は乏しくなりやすく、姿勢反射障害と併せてバランスを取る際の体幹筋の参加は減少しやすい。また不動・固縮等により身体の動きの幅や俊敏性は損なわれやすい。それに伴い、不活動を生じ廃用も作られやすい。パーキンソン病患者の障害を十分に理解した上で、運動療法・環境整備・サービス調整など臨床では関わっていきたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み