トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.525.脳卒中患者の歩行速度とケイデンスに対する下肢装具AFOの効果

Vol.525.脳卒中患者の歩行速度とケイデンスに対する下肢装具AFOの効果

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●脳卒中患者の歩行速度とケイデンスに対する下肢装具AFOの効果

 

●原著はEffect of Ankle-foot Orthosis on Gait Velocity and Cadence of Stroke Patients: A Systematic Reviewこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●下肢装具の選定において、まだ下肢装具に対する知識が不十分だと実感し、装具に関する学習をしようと思い、その学習の一助として本論文に至った。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中者では、歩行速度の低下が一般的です。健康な人の平均歩行速度は約1.3m /sですが、脳卒中片麻痺患者では0.23〜0.73 m /sの範囲です。

 

●Göketalらは、プラスチック性と金属支柱型AFOを比較し、双方とも歩行速度の有意な改善を発見しましたが、リズムに有意な変化はありませんでした。

 

●研究目的は脳卒中患者の歩行変数(速度とリズム)に及ぼす下肢装具AFOの効果を分析することでした。

 

 

方法

 

●4つのデータベースのシステマティックレビューが実施されました。 特定された論文は、下肢装具(AFO)を用いた脳卒中患者の歩行時の時空間的パラメーターの変化(歩行速度・リズムの改善など)に着目した文献でした。

 

 

結果

 

●AFOを使用した場合と使用しない場合の比較では、歩行速度の大幅な改善が見られました。

 

●歩行速度に対しては効果を示しましたが、ケイデンスに対しての効果は決定的ではありませんでした。

 

●これらの変数だけでは歩行安定性の改善を表すものではありません。しかし、そのような側面の分析により、理学療法の効果と脳卒中患者の運動能力の改善をより臨床的に理解することはできます。

 

●調査結果は歩行速度に関するAFOの利点を示唆していますが、ケイデンスに対するこの装具の影響は決定的ではありません。したがって、脳卒中患者の歩行変数に対するAFOの使用の影響に関するより良い科学的証拠を確立するために、さらに適切に設計されたランダム化比較臨床試験が必要です。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●適切な下肢装具の選定はweaknessの補償や反射・過活動の抑制など物理的メリットが生まれ歩行速度は改善すると考えられます。しかし、十分に効率的な歩行パターンを学習出来ていなければ、長距離歩行では疲労などに合わせて歩幅や代償性の歩行や注意の低下など様々な要因を生じてくる可能性が推測されます。装具を使用してからの動作パターンの再学習を丁寧に臨床では取り組みたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み