トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.519.高齢者における歩行速度とMCIおよび認知症のリスクの関係性

Vol.519.高齢者における歩行速度とMCIおよび認知症のリスクの関係性

元サイトで動画を視聴: YouTube.

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●高齢者における歩行速度とMCIおよび認知症のリスクの関係性

 

●原著はWalking Pace and the Risk of Cognitive Decline and Dementia in Elderly Populations: A Meta-analysis of Prospective Cohort Studiesこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●認知症の患者は確実に増えている。MCIの段階で予防していくことが重要となっている。MCIの状態から進行を防ぐために、早期に認知症状に気づく必要がある。

 

内 容

 

背景

 

●認知機能低下と認知症は、高齢者の生活の質に大きな影響を与える加齢に伴う障害の一つです。医療費の増加に加え、認知機能の低下と認知症は、患者の家族に多大な肉体的および精神的圧力をもたらす可能性があります。

 

●歩行変数は、高齢者のメンタルヘルスに関連する重要な要因と見なされてきました。過去10年間で、歩行変数と認知機能低下または認知症との関連を評価することを目的とした多くの研究がありました。

 

●歩行速度と認知機能低下および認知症のリスクとの長期的な関連に関するデータは一貫性がなく、決定的ではありません。したがって、前向きコホート研究のメタアナリシスを実施して、歩行のペースと高齢者の認知機能低下および認知症リスクとの関連を定量的に評価しました。

 

方法

 

●研究は、2016年4月22日までPubMedとEMBASEで検索されました。追加情報は、Google Scholarまたは関連する研究からの参照リストの手作業によるレビューを通じて、取得されました。

 

 

結果

 

●一連のエビデンスは、歩行のペースが筋力と有意に関連しており、筋の喪失が認知機能障害に関連すると言われる炎症、酸化ストレスおよび性コルチコステロイドレベルと高度に相関していることを示唆している。

 

●歩行の速度が360 m / h減少するごとに、認知症のリスクは13%増加しました。

 

●歩行が自動活動としてだけでなく、運動、感覚、小脳活動を含むいくつかの神経系のシームレスな調整を必要とする活動としても考慮されていることを示しています。したがって、歩行ペースは、将来の認知機能に関連する現在の認知機能の指標となる可能性があります。

 

●歩行ペースが遅い人は、認知機能障害のリスクが高く、後年に認知症や認知機能低下を引き起こす可能性があります。さらに、身体能力の低下の要素としての歩行ペースの遅さは、身体的不活動の一因となる可能性があり、その結果、認知機能低下または認知症のリスクを高めます。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●歩行速度が遅くなると認知機能が低下しやすいことが示唆された。退院時の歩行速度はどうでしょうか?歩行速度が遅いまま帰宅すると、歩行に十分に自信が持てず不活動となり認知症や転倒リスクが徐々に増える可能性が予測されます。退院後の生活が十分に自立して過ごせる能力を有しているのか目標をしっかり見直して臨床に挑みたいところです。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み