トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > Vol.515.歯がなくなると歩行速度が低下する!?

Vol.515.歯がなくなると歩行速度が低下する!?

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

バイオメカ二クス

 

タイトル

●歯がなくなると歩行速度が低下する!?

 

●原著はImpact of tooth loss on walking speed decline over time in older adults: a population-based cohort studyこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●歯が歩行に関係するという話を聞いたことはあるが、十分学習できていなかった。高齢者では歯がない方も多く、その関係を今回まずは本論文学ぼうと思った。

 

内 容

 

背景

 

●歯の喪失は、慢性疾患や運動機能の低下などの健康状態の悪化に関連しています。しかし、歯の喪失と歩行速度の低下との関連についての前向きなエビデンスは欠けています。

 

●歯の喪失が歩行速度に与える影響を経時的に調べ、また炎症がこの関連を説明できるかどうかを調査します。

 

 

方法

 

●この研究には、ベースラインで重度の運動機能低下がなかった60歳以上の2695人が含まれていました。歯科の状態に関する情報は、ベースラインで看護師の面接中に自己申告を通じて評価されました。

 

●参加者が通常ペースで歩いたときに、歩行速度のベースラインと3年および6年のフォローアップを評価しました。

 

●共変量には、年齢、性別、教育、ライフスタイル関連の要因、および慢性疾患が含まれていました。血液サンプルを採取しCRPをテストしました。

 

 

結果

 

●2965人の参加者のうち、389人(13.1%)は部分的な歯の喪失があり、204人(6.9%)はベースライン検査で完全な歯の喪失がありました。

 

●歯の喪失がCRPとは無関係に時間の経過とともに歩行速度の大幅な低下と関連していることを示しました

 

●炎症は、歯の喪失と歩行速度の低下との関連に関与している可能性があります。

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

 

 

●口を閉じると踏ん張りが利くように、口は体の力と関係があると言える。歩行速度が低下するという事は全身の筋力などとも相関する可能性が推察される。歯というと食事や会話などとリンクしやすいが、歩行など動作とも関りがあるという事を臨床では意識していきたい。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み