トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.493.考えさせすぎてませんか?脳卒中患者の運動学習の方法の違いがバランスに及ぼす影響

Vol.493.考えさせすぎてませんか?脳卒中患者の運動学習の方法の違いがバランスに及ぼす影響

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●考えさせすぎてませんか?脳卒中患者の運動学習の方法の違いがバランスに及ぼす影響

 

●原著はMotor Learning of a Dynamic Balancing Task After Stroke: Implicit Implications for Stroke Rehabilitationこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●特に脳卒中患者においては重症度・高次脳・認知面の差が大きく運動学習を進めるにあたっての手法に悩むことが多い。様々な運動学習を学ぶことで引き出しを増やそうと思い本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●脳卒中後、しばしば自分の行動を意識的に制御しようとするが、これは逆に運動の再学習を阻害し(同時の認知課題負荷による)最適なパフォーマンスを混乱させる可能性がある

 

頭で考える事を最小限に抑える学習戦略は、意識的に運動行動を制御する試みを回避し、それによってより良いパフォーマンスをもたらす可能性があります。この研究の目的は、2つの運動学習戦略(エラーレス学習と発見学習)の1つを使用して、脳卒中後の動的バランス作業の暗黙の学習の効果を検討することでした。

 

●補足:誤りをさせない学習法(エラーレス学習)とは,いったん間違えると誤反応が残り,修正が難しいという特性から,新しいことを記憶する場合に誤反応を避け,最初から正反応を導く方法である。一方、発見学習とは,問題解決の方法を指導者が明示するのではなく,学習者自身が主体的に考えながら発見することを目指す学習方法である。

 

方法

 

●脳卒中後の成人10人と同年齢の高齢者12人が、重心動揺計(左右に傾く)上で単一課題(バランスのみ)および同時処理課題の条件下で動的バランス課題を練習しました。脳卒中および対照群の参加者は、4つの群のうちの1つにランダムに割り当てられました。エラーレス学習は重心動揺計が傾かない、発見学習は重心動揺計を水平に保つようにしなければならない。

(1)エラーレス学習脳卒中グループ

(2)エラーレス学習コントロールグループ

(3)発見学習脳卒中グループ

(4)発見学習コントロールグループ

重心動揺計を用いてバランスパフォーマンスを評価しました。

 

 

結果

 

● 脳卒中後の発見学習者(明示的)のバランスのパフォーマンスは、同時認知課題負荷によって損なわれました。 対照的に、エラーレス学習者と発見学習のコントロール群のパフォーマンスは損なわれませんでした。

 

●リハビリ中の明示的な情報の提供は、脳卒中の一部の人々の運動能力の学習/再学習および実行に有害である可能性があります。リハビリテーションの設定で暗黙の運動学習技術を適用すると有益な場合があります。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●脳卒中患者では運動だけでも制御するのが大変な方も多く、さらに何かを意識させるという負荷はキャパをオーバーし、運動を制御させるための意識を阻害させてしまう可能性がある。よかれと思い、様々な口頭指示を出すことがあるかもしれないが、患者によっては手法を再検討する必要性があることが示唆された。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み