トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > Vol.486.筋電図で下肢筋の相反性抑制について調べてみた!前脛骨筋と下腿三頭筋の非対称的な神経支配

Vol.486.筋電図で下肢筋の相反性抑制について調べてみた!前脛骨筋と下腿三頭筋の非対称的な神経支配

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

神経系

 

タイトル

●筋電図で下肢筋の相反性抑制について調べてみた!前脛骨筋と下腿三頭筋の非対称的な神経支配

 

●原著はReciprocal Inhibition Between Motor Neurons of the Tibialis Anterior and Triceps Surae in Humansこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●臨床を行う中で、筋の拮抗的・相反的な関係性は重要と感じる。しかし、筋はそれぞれサイズや神経支配比が異なり、力関係は均等でないように思われる。相反的な関係性を学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

背景

 

●足部の伸筋と屈筋の相互作用は、立位や歩行中に足関節の関節トルクを調整するための人間の重要な神経メカニズムです。下腿三頭筋と前脛骨筋の筋紡錘の数はそれぞれ550(GMで〜150、Solで〜400)と〜280です。下腿三頭筋の筋紡錘の数が多いことは、下腿三頭筋から前脛骨筋へのより大きな相互抑制を部分的に説明している可能性があります。

 

●ヒラメ筋を伸ばすと腓腹筋の伸張応答が強化され、逆も同様であり、これら2つの筋は相乗的に機能し、前脛骨筋からの相反抑制を抑える可能性がある。

 

●本研究は等尺性収縮中の拮抗関係の下肢筋間の相反抑制を調べた。

 

 

方法

 

●等尺性背屈および底屈運動中に、前脛骨筋、ヒラメ筋(Sol)および内側腓腹筋(GM)の筋から記録された高密度表面筋電図(HDsEMG)を使用し、運動単位活動が評価されました。

 

●拮抗筋の相反抑制は、脛骨(TN)または総腓骨神経(CPN)の電気刺激によって誘発されました。

 

 

結果

 

●下腿三頭筋から前脛骨筋の運動単位への相反抑制は、前脛骨筋から下腿三頭筋の運動単位への抑制よりも4倍大きかった。これは、足関節伸筋と屈筋間の相反抑制の非対称的な伝達を示唆しています。姿勢制御の神経戦略に関連付けられている可能性があります。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●下腿三頭筋から前脛骨筋への抑制が逆と比較し大きいことが示唆された。それは脳卒中患者においては前脛骨筋の促通にて下腿三頭筋の過活動を抑制する(相反関係の正常化)のもひとつかも知れないが、下腿三頭筋の影響力の方が強いため下腿三頭筋のコントロールを随意的に行えることが前脛骨筋と下腿三頭筋の関係性を正常化するのにはより重要かもしれない。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み