トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > Vol.477.効果的なトレッドミル訓練は0.4m/s以上!?慢性期脳卒中患者におけるトレッドミル訓練の効果的な歩行速度

Vol.477.効果的なトレッドミル訓練は0.4m/s以上!?慢性期脳卒中患者におけるトレッドミル訓練の効果的な歩行速度

 

 

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 

 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!! PDFでもご覧になれます。→PDF

 

カテゴリー

 

歩行

 

タイトル

●Vol.477.効果的なトレッドミル訓練は0.4m/s以上!?慢性期脳卒中患者におけるトレッドミル訓練の効果的な歩行速度

 

●原著はTreadmill Training Provides Greater Benefit to the Subgroup of Community-Dwelling People After Stroke Who Walk Faster Than 0.4m/s: A Randomised Trialこちら

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

●脳卒中患者におけるトレッドミル訓練の文献を多々読むが、実際どのレベルの患者にとってトレッドミル訓練はより効果をもたらすのか学ぶべく本論文に至る。

 

内 容

 

目的

 

●脳卒中後のトレッドミルトレーニングにおいて、ゆっくり歩く人よりも0.4m / sより速く歩く人の方が(地域在住の脳卒中患者68名)に大きなメリットをもたらすか調査した。(歩行速度が慢性期脳卒中患者におけるトレッドミルトレーニングの有効性を決定するかどうかを調べた。)

 

方法

 

●実験群は、30分間のトレッドミル歩行と通常歩行を週3回、4か月間トレーニングした。対照群は介入を受けなかった。主なアウトカムは、6分間歩行テストでの歩行距離、快適と最大歩行速度と健康状態でした。

 

結果

 

●本研究では、初期の歩行速度がゆっくりの患者は、中から速い歩行速度の患者よりも4か月後の結果が比較的不良ということが示されている。トレッドミルトレーニングの効果をより示す歩行速度のカットオフ値が0.4m/s (1.44km/h)とされた。(ベースラインの快適な歩行速度が0.4m / sを超えるグループでは、連続歩行距離が72m、快適歩行速度が0.16m / s増加した。 )より速い速度で歩行される方の追加のメリットはありませんでした

 

●長期的には、実験群とコントロール群の差はなかった。これは、トレーニングを中断してしまうとその効果が持続しないことを示唆している。

 

 

 

 

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

●慢性期脳卒中患者においては、歩行速度が0.4m/s以上の方でよりトレーニング効果が得られるが、効果を維持するためには継続的なトレーニングが必要との報告であった。速度が0.4m/sの患者に効果がないわけではないが、0.4m/s以上で行える方には積極的に処方してもよい事が示唆された。それぞれの機器の最も反応を示す患者層を把握する事も臨床では有用かも。

 

 

脳卒中の動作分析 一覧はこちら

 

論文サマリー 一覧はこちら

 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら

 

 

 

 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします


無料相談
カウンセリング
こちら

お申込み・資料請求・ご相談など 各種お問い合わせ

無料相談/資料請求の
お申込み