塾での気づき  何故なの??の追求は残酷 – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 一般
  4. 塾での気づき  何故なの??の追求は残酷
一般

塾での気づき  何故なの??の追求は残酷

塾での気付きを手短にメモ代わりでブログに書いています。

 

 

 

 

Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

クリニカルリーズニングはセラピストにとって非常に重要なスキルです。

 

 

 

クリニカルリーズニングは考えを掘り下げていくプロセスですので、「何故??」を繰り返していく必要があります。

 

 

 

確かに理由付けは大切なのですが、

 

 

 

初級者には「それは何故なの??」は酷な言葉になる場合もあります。

 

 

 

何故を追求するには、そもそも知識や経験が必要で、

 

 

 

「そこはなんで支持性がないの??」と尋ねると、知識が前提になければ、

 

 

 

「えっ!?片麻痺だから!!」としかいえません。

 

 

 

これは極端な例ですが、、、

 

 

 

武器を持たない人への「何故??」は、ほどほどにしないと拷問になります。

 

 

 

目的は「気づき」ですからね。 病院での後輩指導にも同様の事が言えると思います。

 

 

 

専門職として知識は常にアップデートするのが当たり前!!といえば、そうですが、

 

 

 

想いが押し付けになるのもまずいです。

 

 

 

それができる人、サポートがないと最初は難しい人、それぞれですね。

 

 

 

images

 

 

 

 

小松さん

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS