特別講演会 in 明生リハビリテーション病院 – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 一般
  4. 特別講演会 in 明生リハビリテーション病院
一般

特別講演会 in 明生リハビリテーション病院

令和4年8月31日 に丸山が「トイレ動作の再考 -なぜ難しいADLなのか?」というテーマでオンライン講義を開催しました。

「トイレ動作の自立は重要」となんとなく分かっていても、実際に説明するのは難しいと思います。

講義導入では都道府県別病床数やリハビリテーション実績指数などを用いて、できるだけ具体的な数字を提示しながら説明させていただきました。リハビリテーションを提供する側がどのように評価されているのかを理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が知っておくことはとても大切です。

トイレ動作の自立は在宅復帰率に大きな影響を与えることは多く報告されています。トイレ動作で最も難しいとされている動作は「下衣操作」です。下衣操作には様々な姿勢戦略が必要で、脳卒中患者の方は1つの戦略に固定的になってしまうことが問題とされることが多いです。

 

もちろん、足内在筋や重心と支持基底面の関係もお話しさせていただき、多角的な評価の重要性をお伝えしながら、実際にADL場面での介入方法を動画を用いて提示させていただきました。質疑・応答の時間では、「高次脳機能障害へはどのような工夫があるのか?」「非麻痺側も評価するべきか?」など的確な質問があり、臨床への熱心さが感じられました。STROKE LABが少しでも皆さんの臨床のヒントとなり、多くの患者様が救われること願っております。

アンケート結果も満足度100%!!高評価いただけたことは嬉しい限りですが、またご依頼いただけるように内容をブラッシュアップしていきたいと思います。

最後に明生リハビリテーション病院の外部勉強会ご担当の皆様、スムーズな打ち合わせとご準備ありがとうございました。

STROKE LABでは病院、施設の療法士教育の一環として、外部講演のご依頼を積極的にお受けしております。

 テーマや開催頻度などは柔軟に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

 臨床へ活かせる内容となるよう、スタッフ一同研鑽に励んでまいります。

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS