vol.312:脊髄損傷患者と骨密度  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー – 脳卒中/神経系 自費リハビリ施設 | STROKE LAB 東京
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 神経系
  4. vol.312:脊髄損傷患者と骨密度  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー
神経系

vol.312:脊髄損傷患者と骨密度  脳卒中/脳梗塞のリハビリ論文サマリー

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方はこちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 臨床に即した実技動画も配信中!こちらをClick!!(YouTube)

 


 

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!上記写真をClick!!

 



 
 
 

カテゴリー

神経系

 
 


タイトル

脊髄損傷患者の骨密度低下に対する縦断的研究

Longitudinal study of bone loss in chronic spinal cord injury patients.?PubMed Karapolat I J Phys Ther Sci. 2015 May;27(5):1429-33. doi: 10.1589/jpts.27.1429.
 
 
 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脊髄損傷患者の骨密度に対して縦断的に研究した論文を見つけ、意義深いと感じたため読もうと思った。
 

内 容

背景・目的

・脊髄損傷(SCI)患者に骨粗鬆症が合併する可能性が高く、発症から36カ月が有病率のピークである。
 
SCIに伴う骨粗鬆症は不動や神経系・循環器の障害、ホルモンバランスの不良などが原因と言われている。
 

・原因はある程度調査されているが、縦断的に骨密度を調べた研究は少ない。したがって、本研究はSCI患者の骨密度(BMD)と骨代謝マーカーを3年間追跡研究する。

方法

20名の外傷性SCI患者
 

・臨床データは受傷から0、6、12、36カ月で計測した。
 

・骨密度は腰椎1~4番、大腿骨頸部、大腿骨全体、手首を計測した。骨粗鬆症、骨減少症の程度はTscoreで表した(骨密度から算出。-1SD以下は骨減少症、骨粗鬆症と診断される)。
 

・その他、ホルモンマーカー、血液検査、骨代謝マーカーを計測した。
 

 

結果


20名のうち15名が36カ月までフォローアップでき、残り5名は12カ月までだった。
 

・受傷後36カ月のTscoreは有意に受傷後0カ月より低い値だった。
 

・腰椎と手首の骨密度に有意な差は見られなかった。
 

・受傷後12カ月と36カ月はパラトルモン(血中のカルシウム濃度を上昇させる働き)とビタミンD(カルシウムの吸収を助ける働き)が受傷後0カ月に比べて有意に高かった。
 

・オステオカルシン(骨の非コラーゲンタンパク質)とデオキシピリジノリン(骨基質内のタンパク質)は受傷後有意に減少していった。
 

・その他の検査値に有意差はなかった。
 
 
 

 

私見・明日への臨床アイデア

Tscoreから脊髄損傷患者は大腿骨頸部骨折のリスクが高いことがわかる。転倒した際の骨折リスクが高いことを把握し、転倒予防を意識した生活を促せるように関わりたい。また、歩行に実用性がなくとも骨に荷重をかけ骨形成を促す目的で歩行は意義があるのではないかと感じた。
 

・骨吸収を示すマーカーであるオステオカルシンとデオキシピリジノリンは受傷から時間が経つにつれ減少傾向で、最終的に正常値に落ち着いていた(オステオカルシン:3.112.7ng/ml、デオキシピリジノリン2.87.6nmol/mmolCr)。受傷から6カ月間が骨吸収の進行しやすい時期と理解して介入すると良いと思う。

 
 

(以下参考URL。平成291114日)
http://primary-care.sysmex.co.jp/speed-search/index.cgi?c=speed_search-2&pk=248
http://primary-care.sysmex.co.jp/speed-search/index.cgi?c=speed_search-2&pk=300
 
 
 
 

職種 理学療法士

 
 
 

論文サマリー 一覧はこちら
 
 

脳卒中自主トレ100本以上 一覧はこちら
 
 
 
 

塾講師陣が個別に合わせたリハビリでサポートします

CATEGORY

 

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

FOLLOW US

STROKE LABの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしてください。

CATEGORY

関連記事

Social Media フォロー↓↓↓
誠心誠意の機能回復サポート
脳卒中・パーキンソン病専門の個別リハビリ施設
病院リハ継続・更なる機能回復を目指します。
〒113-0033 東京都文京区本郷2-8-1 寿山堂ビル3階
株式会社STROKE LAB
03-6887-5263
ACCESS